(Home - Ubiquitous Jazz / BACK)

hear
どこでもジャズ(Creative Zen)

  • ジャズ好きが嵩じると、自分の部屋で聴き狂うばかりではなく、散歩、ショップ巡り等の移動中でもジャズにひたって居たいということになってしまいます。Nelsonも、「どこでもジャズ (Ubiquitous Jazz)」への到達を目指しております。
  • 「どこでもジャズ」の現在の決定版は、数百曲ものジャズの演奏を、数時間はブッ続けに聴けるデジタル・オーディオ・プレイアー(DAP)でしょう。その代表格であるiPODは、オモチャとして結構良い仕上がりをみせていますが、売れ行きは兎も角も、性能でみれば他にも選択肢はあります。Nelsonが遊んでいるのはCreative系ばかりで、Jukebox(20GB)、Nomad Zen(40GB)、とHDD式をしゃぶり尽くした後、最近手にしたのがフラッシュメモリー式のZen(16GB)です。言っちゃぁなんですが、やはりCreativeの方が音は良いのです。
  • Creative Zenは、2003年初に発売されたHDD式のDAPで、40GのHDD搭載、IEEE1394で転送可というものでした。ジャズの曲が平均5分、CDが平均で50分収録していると仮定して、8000曲、800枚も入ってしまいした。
  • 今回手に入れたCreative Zen(16GB)は、今様のフラッシュメモリーを搭載したものです。ジャズですから、どうしても容量がたくさん必要です。そういう志向にこたえて、これにはSDカード追加スロットが付いていて、うまくやれば32GBまで容量が拡大できるのが、ウリでしょう。Creative Jukeboxの方は、カー・オーディオ用として、引き続き使って行きます。
  • Creative Zen(16GB)が、本当に使いものなるのか、、、HDD式の記述ばかりでは、今の世情には合わないので、このセクションを5年ぶりに大幅改訂していきます。うまく使いこなせる所まで行けるのかどうか、、、ボチボチと書いていきます。
  • しばらくは、旧内容と新規追加の記事とが錯綜しますが、ご勘弁を、、、。

Creative Zen(16GB Flush Memory)入手後の追加記事
  1. 導入の経緯
  2. Creative Zen(16GB Flush Memory)の主な仕様
  3. PC周りのこと
  4. 本体と追加SDHCの使い分けchoice
  5. ・・・

Archive記事(HDD式中心です)
どんな物なのか
  1. Nomad Zen(とiPOD)の主な仕様
  2. MP3 Playerの評判
  3. Nelsonの使用環境
  4. 導入の経緯
  5. 再生音質
  6. 移動時の耐衝撃性
  7. Fire Wireはスゴイ
  8. データファイルの格納
お気に入りのジャズを収録
  1. CDのリッピング
  2. 他のMP3変換ソフトの利用
  3. CDDBからのアルバム情報の吸い込み
  4. 「お宝」音源の固定
  5. 未CD化アナログLP
  6. MP3 Cutter
  7. Onkyo SE-U55(USB Digital Audio Processor)の使いこなし
Zenによる再生
  1. 40GByte HDDの使いまわし
  2. トラック
  3. アルバム、アーティスト、ジャンル
  4. プレイ・リスト
  5. 再生キュー
使ってみての所感
  1. 音源入れ替え無しの快感
  2. 「不意打ち」の快感
  3. 正統派「ノーマル聴き」
  4. ドーパミン出っ放し(The One and Only + Nelson's Choice +...)
  5. Coltrane、Evans、Miles、Chet...漬け
  6. Blindfold Test
  7. カー・オーディオへの応用
  8. 「デカケルトキハ、ワスレズニ(^^;)」
  9. ....
(Home - Ubiquitous Jazz / BACK)