(Home - Ubiquitous Jazz / BACK)


CDDBからのアルバム情報の吸い込み

  • 実際に使ってみての実感ですが、NelsonのようにジャズのCDがほぼ全部である場合は、CDDBからのアルバム情報の吸い込みは、非常に便利です。
    データの吸い込み
  • 吸い込み処理が具体的にどう行われているのかは、よく知りません。恐らく、CD自体に何らかのコードが入っているんだと思いますが、それをCDDBに引き数として持っていくのでしょう。行き先のサーバーでCGIか何かを動かして、データベースを検索して、該当情報が引き数に入って戻される。それを、Play Center3が受け取って処理し、表示しているんだと思います。この手のサイトは一杯あるんだと思いますが、Play Center3からつながるサイトは結構ジャズには強いらしく、9割以上のCDについてデータが取れるようです。日本盤もある程度大丈夫ですが、国内でのベスト盤等のコンピは無理のようです。欧米の長靴盤も入っているのは、笑えます。
    「これですかぁ」
  • ピッタシ、という情報が無くても、「このデータじゃないかと思いますがぁ、、、」とサーバーが聞いてくるのにも感心します。時に2、3枚の候補を挙げてくることがありますが、大体は1枚です。その殆どがアタリですから、強力なもんだなぁ、と感じます。
  • 情報が出てくるには、ネットにつながっていなければなりません。Nelsonの場合は、Flets ISDNですから、簡単です。まだネットに繋がっていない状態からPlay Center3を起動していると、最初の盤の問い合わせの時点で、ネットに繋げる動作が入り込んできます。そして、検索したうえで、アルバム、アーティスト、曲名がサクッと吸い込めるようです。CD番号や、録音月日等までは入ってきません。
    GraceNoteというサイト
  • このようなCDDBサイトは一杯あるようです。それぞれのサイトに特色があるようで、Nelsonは特に困りませんが、日本語の歌を聴く方の場合、日本語サイトと日本語処理の問題が結構重要なようです。Zenの場合は、GraceNoteというサイトです。色んなサイトを当たってみましたが、このサイトは一番情報が早く、新譜も入っていますし、しかも欧州盤や、日本制作盤等のデータも結構入っています。CD2WAV32のCDDBサイトは、少なくともジャズでは検索合致の成績はよくありません。GraceNoteのサイトを覗いてみると、開発者からの登録に手数がかかるようですが、この辺はどこかにデファクト・スタンダードで落ち着いてくれたら、と思います。
    楽チン、楽チン、、、
  • このZenには、数千曲のトラック、数百枚のCDが入りますが、それの情報が全部手打ちだと、かなりの労力を要することになり、途中でメゲることもあろうかと思われますが、こういうサイトのサービスがあれば、楽チンかますことが出来ます。
(Home - Ubiquitous Jazz / BACK)