(Home - Ubiquitous Jazz / BACK)


音源入れ替え無し、ブッ通し聴きの快感

  • 貸切りのジャズ喫茶でレコード係が、あなたのお気に入りの演奏ばかりを矢継ぎ早やに掛けてくれたら、あなたならどうしますか。「ヨーシ、この店に通い詰めるゾ」と、感激にむせび泣くんじゃないですか。HDD式MP3プレイアーによる音源入れ替え無し、ブッ通し聴きは、そういう快感を味あわせてくれます。
  • リスニング・ルームで一日ジャズを聞くとして、Nelsonのように椅子から立たずにCDプレイアーの操作が出来るように工夫していても、音源を取りに行ったりして、数十回は起立・着席を繰り返さねばなりません。しかし、HDD式MP3プレイアーでは音源入れ替え全く無し、指をチョイチョイで好きなジャズの演奏を、好きなだけ聴けるのです。これは、極楽以外の何物でもありません。
  • ランダム再生で聴いているのであれば、気分じゃない演奏が出てきても、ちょっと指を一本動かして、スキップ・ボタンを手探りで押せば、次の曲が直ぐ聴けます。特にランダム再生ですから、全く違うCDのトラックに一飛びするわけで、しかもそのトラックはあらかじめ御ひいきトラックとして選んでおいたものですから、直ぐにその演奏に入り込めてしまいます。次のCDを取りに行かないで済むなんて、自宅でも不可能なことです。お気に入りのジャズ喫茶に、Nelsonの好みを知り尽くしたレコード係が居て、「今日は貸切りだかンね。大サービスするヨ」と言ってくれるようなものです。コレは、応えられません。
  • しかも、このレコード係は、「コレ好きだって言ってたよネ。じゃぁ、このピアノはだーれだ。」なんて、茶目っ気もあります。ランダム再生だと、コレの連続です。HDD式MP3プレイアー自体を取り出して、「Now Playing」ボタンを押せば、答えは判るのですが、一寸した頭の体操になります。
  • リスニング・ルームで良い状態でジャズを聴くのが一番であることは否定しませんが、生活をする上ではドライブを含めた、外出という場面も無視できない時間を占めます。Ubiquitous Jazz、「どこでもジャズ」のために、移動中はある程度の音質で満足できるのであれば、この「音源入れ替え無し、ブッ通し聴き」を無視し去ることは出来ないように思えます。一度、200kbps前後の良音質のMP3音源を試聴されては如何でしょうか。
(Home - Ubiquitous Jazz / BACK)