(Home - Those Groovy Cats - 板橋文夫 / BACK)

板橋文夫


  1. とにかく熱い、燃えるピアノでファンの多い板橋文夫に関するセクションです。
  2. 先に田村翼のセクションを作りましたが、もう一人、日本人ピアニストで忘れてはならないのがこの人です。
  3. 腕(かいな)を拉(ひし)がんばかりに弾く人は他にもそれなりに居られますが、John FordのIrelandもの映画を思わせる、毛むくじゃらの男が恋心を吐露するかのような泣きとペーソスには、余人を以って代え難い素晴らしさがあります。
  4. 久しぶりに思い入れを全開したので、「ピアノとしての特徴」ではかなり偏向した板橋評を展開してしまいました。「中腰」に関して珍説を唱えています。

板橋文夫に関することども
  1. 人とその周辺
  2. 森山威男さんとのこと
  3. 古野さんとHello
  4. ディスコグラフィー
  5. Goodbye(^o^)のディスコグラフィー
  6. 板橋文夫の好演盤(演奏者navigatorから再掲)
板橋文夫に関する私的Trivia
  1. ピアノとしての特徴(承前)
    1. 西欧音楽のくびき : Michel Petruccianiと板橋文夫のピアノ
    2. 熱するということ : Milcho Levievと板橋文夫のピアノ
    3. 「ふるさとは遠きにありて、、、」 : Tete Montoliuと板橋文夫のピアノ
    4. あの「中腰(ちゅうごし)」に見る飽くなき模索 : Derek Smithと板橋文夫のピアノ
    5. McCoy Tynerと板橋文夫のピアノ
  2. 板橋文夫「濤」---in depth
(Home - Those Groovy Cats - 板橋文夫 / BACK)