(Home - 4 Beatじゃなくっても、、、 / BACK)


4 Beatじゃなくっても、、、
(ジャズ・ワルツの素晴らしい世界)


  • ジャズ・ワルツの世界は、結構深い世界です。
  • 在り来たりの4 Beatじゃないだけに、ツボにはまってスィングした演奏を聴くと、思わず「良ェなぁ、良ェなぁ、、、」と快哉の声が出てしまいます。

  • イントロ
  • ワルツの乗り方

大定番10連発
  1. Waltz for Debby/ Bill Evans
  2. Someday My Prince will Come/ Miles Davis
  3. Valse Hot/ Sonny Rollins - Clifford Brown - Max Roach
  4. Greensleeves/ John Coltrane
  5. Full House/ Wes Montgomery - Johnny Griffin - Wynton Kelly
  6. Circle Waltz/ Don Friedman
  7. Fire Waltz/ Eric Dolphy - Booker Ervin - Mal Waldron
  8. Fly Me to the Moon (In Other Words)/ Roy Haynes - Roland Kirk - Tommy Flanagan
  9. A Wonderful Guy/ Milt Jackson - Oscar Peterson - Ray Brown
  10. Little Waltz/ Ron Carter - Hubert Lawes - Herbie Hancock

    そして、別格官幣大社として、御ひいき板さんの大名曲である
  11. 渡良瀬/ 板橋文夫

これもジャズ・ワルツ
  • ここから先は「脱兎のごとく」で、"オイ、オイ、、、こんなもんまで引っ張り出すんかよォ」と呆れかねない演奏が、続々登場の予定
  • 10や20では収まりそうに無いんで、場所を変えて、こちらでどうぞ

  • 色々ワルツ曲をメモして行くと、4つの曲をわざと3つでやるというアレンジが、結構あることに気付きました。これが、また、なかなか面白いんで、気が付いたらここにメモすることにしました。choice
(Home - 4 Beatじゃなくっても、、、 / BACK)