(Home - Title Navigator / BACK)

「If I Were a Bell」が聴ける盤

choiceはNelsonのお勧めです
作曲: Frank Loesser
  1. Standard Gonz/Jerry Bergonzichoice
    ゴリゴリ・テナーのよる爽快なワン・ホーン
  2. Relaxin' with the Miles Davis Quintetchoicechoice
    全部ワン・テイクで録ったなんて信じられない第1次黄金期の2管クインテット
  3. Complete Miles Davis in Person, Friday and Saturday Nights at the Blackhawkchoice
    上記よりは攻撃性を増した、辛口の2管クインテット。2テイクあり
  4. Once upon a Summertime/ Blossom Deariechoice
    ピアノの弾き語り
  5. Red Garland's Pianochoice
    正にGarlandらしい、コロコロと転がるようなピアノトリオ
  6. Keith Jarrett at the Blue Note,The Complete Recordingschoice
    ピアノトリオ
更に探求を進めたい方には、
  1. Little Florence/ George Arvanitas
    ピアノトリオ
  2. Portrait of a Count/ Conte Candoli
    トランペットのワン・ホーン
  3. Guys and Dolls Like Vibes/ Eddie Costa
    元ネタの「Guys and Dolls 」というミュージカルの曲ばかりをやったヴァイブ・カルテット
  4. In Stockholm 1960 Complete, with John Clotrane and Sonny Stitt/ Miles Davis
    御大訪欧時のライブ演奏で、旧友Sonny Stitii入りの2管クインテット
  5. Miles in Tokyo/ Miles Davis
    御大の来日時のライブ演奏で、殆どトラに近い感じのSam Riversが意外に好評だった2管クインテット
  6. The Complete Live At The Plugged Nickel 1965/ Miles Davis
    メンバーへの手綱を少し緩めたのが功を奏している、辛口の2管クインテット。2テイクあり
  7. The Gellers/ Herb Geller
    奥さんのLorraineの頑張りが嬉しい
  8. The Broadway Bits/ Marty Paich
    Art Pepperもチョコっと顔を出す中規模編成バンド
  9. Lands of Giants/ McCoy Tyner
    ヴァイブ・カルテット
  10. Gin-Paris Session: June 26, 1963 / V.A.
    中牟礼貞則、日野皓正によるピアノレスのギターカルテット
  11. Winchester Special/ Lem Winchester
    Benny Gollsonは編曲のみで参加しないヴァイブ・カルテット
(Home - Title Navigator / BACK)