(Home - Title Navigator / BACK)


「Sweet and Lovely」が聴ける盤


choiceはNelsonのお勧めです
作曲: Gus Arnheim et al
  1. choiceExplorations/ Bill Evans
    ピアノ・トリオ。名盤なんで眼が他のトラックに行きがちですが、これだってミディアムの当を得た演奏です。
  2. choiceMotion/ Lee Konitzピアノレスのアルトのワン・ホーンで、この緊密感が堪りません
  3. choicechoiceThelonious Monk Trio
    ピアノ・トリオ。モダンジャズとしてやった嚆矢に当たる演奏なのに、後の人には決してなぞれない絶品の音選び。ブレイキーの面目躍如。
  4. choiceWeaver of Dreams/ Ben Riley
    テナーのピアノレス・トリオ。渋い盤中の必聴トラック
更に探求を進めたい方には、
  1. Isla Verde/ Joe Chambers
  2. Out of Nowhere/ Don Ellis
    トランペットのドラムレス・トリオ。味わい深い、じっくりとした展開が嬉しい
  3. The Classic Trio/ David Hazeltine
    ピアノ・トリオ。この人らしく丁寧に、中庸を得て奏でています
  4. The Soulful Piano of Junior Mance
    可愛く弾いてみたピアノ・トリオ。
  5. From This Moment on/ Marian McPartland
    軽妙洒脱なピアノ・トリオ。心地良いスイング感
  6. Trio: Pere Sempre, Tete/ Tete Montoliu
    ピアノ・ソロのメドレィ。
  7. Tete Montoliu and Mandell Lowe, Vol.1
    ピアノ・ギターのデュオ。テテの倍テンポが凄い
  8. Tenors Head on/ Bill Perkins and Richie Kamuca
    ピアノが馬さんの方のセッションで、テナー、バスクラ、フルートとリードの音色がスローで楽しめる。
  9. 5400 North/ Nat Pierce
    管あり、歌ありのライブ盤ですが、これはテナーのワン・ホーン
  10. Awesome/ James Williams
    ピアノ・トリオ。第2作目に続き、Ray BrownとElvin Jonesが組んだサポートを受けての快演
(Home - Title Navigator / BACK)