(Home - Title Navigator / BACK)

「If I should Lose You」が聴ける盤

choiceはNelsonのお勧めです
作曲: Ralph Rainger
  1. The Frank Capp Triochoice
    ピアノトリオ盤ながら、デビューしたてのRickey Woodardの若さ溢れるアルトを大フィーチュア
  2. Woe is Me/ Johnny Griffinchoicechoice
    悠揚迫らぬ、堂々たるテナーのワンホーン
  3. Out of the Afternoon/ Roy Haynes
    (クラリネットとアルトの相の子のような)Roland Kirkのストリッチによるワン・ホーン
  4. Booker Little and Friendschoice
    遅めのテンポの必然性が伝わる愁いを帯びたトランペットのワンホーン
  5. Soul Staiton/ Hank Mobleychoice
    テナーのワンホーン(大名盤)
  6. Moon Ray/ 大友義雄choice
    大友義雄のアルトがさく裂するワン・ホーン盤
  7. Charlie Parker with Strings, Complete Master Takeschoicechoice
    紐付きアルトの決定版
  8. The Night Gone by/ Enrico Pieranunzichoicechoice
    脇がMarc JohnsonとPaul Motianだから、怖いものなしのピアノトリオ
更に探求を進めたい方には、
  1. The Route/ Chet Baker and Art Pepper
    ゲストのRichie Camucaをフィーチュアしたテナーのワンホーン
  2. Solar/ Don Bennett
    この曲のリリカルな面を押し出したピアノトリオ盤
  3. The Warm Sounds/ Johnny Coles Quartet
    何ともあったかいトランペットのワン・ホーン
  4. Standards Vol.2/ Keith Jarrett
    ピアノトリオ
  5. Trios: With All My Heart/ Harvey Mason
    Chick Coreaらしさが良く出たピアノ・トリオ
  6. While My Lady Sleeps/ Phineas Newborn, Jr
    名手による、紐付きピアノトリオ
  7. Russian Lullaby/ Vladimir Shafranov
    グルーヴィーなピアノトリオ
  8. Wild Is the Wind + High Priest of Soul/ Nina Simone
    弾き語りクインテット
  9. Standard Album/ Cedar Walton
    さすがは名人上手と言われるだけのことはある、と納得のピアノトリオ
  10. The Thrill Is Gone/ Phil Woods
    何とも艶っぽい音色で音吐朗々と吹き聴かせるのが魅力の紐付きアルト
(Home - Title Navigator / BACK)