(Home - Title Navigator / BACK)

「I'm Getting Sentimental over You」が聴ける盤

choiceはNelsonのお勧めです
作曲: George Bassman
  1. Undercurrent/ Bill Evans and Jim Hall
    ピアノとギターによる珠玉のトラック
  2. Empathy + A Simple Matter of Conviction/ Bill Evanschoice
    Eddie GomezとShelly Manne相手のトリオ・トラック
  3. At the Blackhawk/ Thelonious Monkchoice
    6分という手頃な長さで、Harold Land以外の全員が素晴らしいアドリブを披露する2管クインテット
  4. Thelonious Himself/ Thelonious Monkchoice
    ピアノソロでやるこのヴァージョンは、彼のファンならずとも必聴です
更に探求を進めたい方には、
  1. The Secret Sessions: Recorded at the Village Vanguard 1966 - 1975/ Bill Evans
    8枚組の4枚目に収録されたEddie Gomez相手の速めのトリオ・トラック
  2. The Sound/ Stan Getz
    何とも滑らかに波乗りする姿が美しいテナーのワン・ホーン
  3. Hot Session/ Fumio Itabashi
    これは珍しいと言って良いと思いますが、向井さんのトロンボーンと古澤さんのドラムスとのデュオで、3分強と短いけど、正に「当たって砕けろ」の素晴らしい演奏
  4. Live at the 'IT' Club/ Thelonious Monk
    13分弱という長尺ながら、モンキッシュな仕上がりが決まっていて全く独壇場ですね
  5. Motion/ Lee Konitz
    3枚組にしか入っていないし、ドラムスがエルヴィンじゃないから、コーニッツのファン限定ともいえるピアノレス・トリオのトラック
  6. Bohemia after Dark/ Eddy Louiss
    オルガンによるゆったりとしたバラード
  7. The Brian Lynch Quartet Vol. 1
    すこし速めのテンポで元気よく、7分強とまじめに取り組んだトランペットのワン・ホーン。このグループらしい本線解釈ですから、Hazeltineのピアノも快調ですね。
  8. Among Friends/ Art Pepper
    行方不明で捜索中
  9. Now/ Sonny Stitt
    アルトとテナーの持ち替え盤で、これはどうもアルトのワン・ホーンに聞こえます
(Home - Title Navigator / BACK)