(Home - Title Navigator / BACK)

Skylarkが聴ける盤

choiceはNelsonのお勧めです
作曲: Hoagy CarMichael
  1. Skylark/ George Cableschoice
    軽快なピアノトリオ
  2. This Is Criss/ Sonny Crisschoicechoice
    アルトのワンホーン。この曲の定番として有名
  3. Hoagy Sings Carmichael/ Hoagy Carmichaelchoice
    作曲家自身によるヴォーカル
  4. Biting the Apple/ Dexter Gordonchoicechoice
    テナーのワンホーン。この人らしく歌詞などを思い浮かべながらなのでしょうか、悠揚迫らず吹いています
  5. Keith Jarrett at the Blue Note,The Complete Recordingschoice
    ピアノトリオ
  6. I Get along without You very well/ Tony Lakatoschoice
    ピアノレスのテナー・トリオ。珍しく速めのテンポで、トレーン流に
  7. Grand Encounter:2 Degrees East-3 Degrees West/ John Lewischoice
    ピアノ、ギター、ベースのトリオ
更に探求を進めたい方には、
  1. Green Chimney/ Kenny Barron
    本録音の4年後に追加されたピアノソロ
  2. Bob Brookemeyer and Friends
    セクステット
  3. Portrait/ John Coats Jr.
    ピアノトリオ
  4. The Bassist/ Richard Davis
    ピアノとベースのデュオ
  5. Scorpio Rising/ Walter Davis Jr.
    ピアノトリオ
  6. The Peacock/ Stan Getz Presents Jimmie Rowles
    テナーとピアノのデュオ
  7. Intimacy of the Blues/ Larry Goldings
    テナーのオルガンカルテット
  8. The Body and Soul/ Freddie Hubbard
    ビッグバンド
  9. Lush Life/ Linda Ronstadt
    ヴォーカル
  10. Skylark/ Shirley Scott
    ピアノトリオ
  11. The Sound/ Toots Thielmans
    軽くスィングするハーモニカ
  12. The Old Song/ Bennie Wallace
    テナーのワンホーン
  13. Manhattan Afternoon/ Cedar Walton
    ピアノトリオ
(Home - Title Navigator / BACK)