(Home - Title Navigator / BACK)

Now's the Timeが聴ける盤

choiceは、Nelsonのお勧めです
作曲: Charlie Parker
  1. choicechoicechoiceA Night at Birdland/ Art Blakey
    2管編成。熱い演奏なら、コレ。
  2. choicechoicechoiceThe Jazz Singer/ Eddie Jefferson
    バードのアドリブに後付けの歌詞を付けたヴォカリーズ、というキワ物ですが、これは聴きものです
  3. choicechoicechoiceThe Savoy Recordings, Complete Master Takes/ Charlie Parker
    2管編成。作曲者本人ならではの名演の、先ずは筆頭にくる筈
  4. choicechoicechoiceNow's the Time/ Charlie Parker
    アルトのワンホーン。これは、ご本人のヴァーヴ期の名演
  5. choicechoiceArt Blakey and the Jazz Messengers at the Club St Germain 1958
    2管編成。ここでも、ライブならではの快調ぶり。
  6. choicechoiceLive on the Queen Elizabeth II/ Lou Donaldson
    アルトのワンホーン。「いや、昔はよくやったんだけどね。」と恥らいながらも、つい本気になっちゃっていますなぁ。
  7. choiceRay Bryant Plays
    ピアノトリオ。
  8. choiceKeith Jarrett at the Blue Note,The Complete Recordings
    ピアノトリオ。
  9. choiceNight Train/ Oscar Peterson
    ピアノトリオ。
  10. choiceNow's the Time/ Sonny Rollins
    テナーのワンホーン。制作者が鋏を入れたんで短くなっているが、実はもっと長いんだという噂あり。
更に探求を進めたい方には、
  1. 3 for All/ John Burr
    ピアノトリオ。
  2. Epistrophy and Now's the Time, Live at Jazz City/ Richard Davis
    2管編成。B面一杯がこの曲。
  3. Standards/ Elias Haslanger
    テナーのワンホーン
  4. Now's the Time/ Hal McKusik
    4管編成。エヴァンス入り
  5. Bird at St. Nick's/ Charlie Parker
    御本人の私家録音
  6. Blues/ Archie Shepp
    テナーのワンホーン
  7. Live at the Conneticutt Jazz Party/ Bobby Timmons
    アルトのワンーホーン
(Home - Title Navigator / BACK)