(Home - Title Navigator / BACK)

「Just Friends」が聴ける盤

choiceはNelsonのお勧めです
作曲: John Klenner
  1. Franco Ambrosetti Live at the Blue Notechoice
    サックスも入った2管クインテット盤ながら、これはフリューゲルのワン・ホーンで素晴らしい
  2. Go/ Paul Chamberschoice
    2管クインテット、ドラムスはコブか
  3. The Stockholm Concerts/ Stan Getz and Chet Bakerchoicechoice
    Chetのヴォーカルも聴ける2管クインテット
  4. El Hombre/ Pat Martinochoice
    ギターが弾きまくるオルガン・セクステットテット
  5. Charlie Parker with Strings, Complete Master Takeschoicechoice
    アルトの紐付き、これがモダンジャズでこの曲をやる時のおおもとのお手本だとか
  6. Tenors Head on/ Bill Perkins and Richie Kamucachoice
    このままテナー2本の伴奏なしデュオで行くのか、、、と思わせて、きれいに展開する双頭テナークインテット。この曲のピアノは、絶好調なHampton Hawes
更に探求を進めたい方には、
  1. Full Steam Ahead/Monty Alexander
    カリブの香りがするピアノトリオ
  2. Jug and Dodo/ Gene Ammons
    ここでは御大は休んで、Dodo Marmarosaのピアノトリオで
  3. Bash/ Dave Bailey
    3管セクステット盤ながら、これはFlanaganのピアノトリオ
  4. Standard Gonz/Jerry Bergonzi
    ゴリゴリ感が堪らないバリトンのワン・ホーン
  5. Cables Fables/ George Cables
    ピアノトリオ
  6. From Birdland to Broadway/ Bill Crow
    ピアノレスで、テナーとギターが入ったカルテット
  7. Standards/ J.J. Johnson
    2管クインテット
  8. Soul Society/ Sam Jones
    チェロがリードする快調なセプテット
  9. Motion/ Lee Konitz
    ピアノレスのアルト・トリオで、これのドラムスはNick Stabulas
  10. Better than Anything/ Irene Kral
    ピアノトリオをバックにした女性ヴォーカル
  11. That You Are: Live at the Gemini Jazz Cafe Vol.3/ J.R. Monterose
    ソプラノサックスによるワン・ホーン
  12. Live in Albany/ J. R. Monterose
    付き合ったHod O'Brien も快調な、テナーサックスによるワン・ホーン
  13. Introducing Carl Perkins
    ピアノトリオ
  14. Oscar Peterson Meets Roy Hargrove and Ralph Moore
    若手二人とヴェテラン3人による和気あいあいの2管クインテット
  15. Keep Swingin'/ Julian Priester
    2管クインテット
  16. Just Friends/ Zoot Sims
    超が付く「ヴェテラン」による和気あいあいの2管クインテット
  17. Funk'n Fun/ Bill Watrous
    2管クインテット
(Home - Title Navigator / BACK)