(Home - Title Navigator / BACK)

I Fall in Love too easilyが聴ける盤

choiceはNelsonのお勧めです
作曲: Jule Styne
  1. Chet Baker Singschoice
    先ずこのトラックから聴いて、この曲のメロディー、歌詞などを理解するのが早道。ヴォーカル・トラックとするのが普通ですが、ご本人のトランペットも聴けるしなぁ、、、
  2. Seven Steps to Heaven/ Miles Davischoicechoice
    御大のミュートによる、この曲の決定版トラック。ピアノは、Herbie Hancockではなく、Victor Feldmanらしい。George Colemanが聞こえないからワン・ホーンでしょう
  3. The Complete Live At The Plugged Nickel 1965/ Miles Davischoice
    完全盤の7セット中で4回演奏されており、どれもが辛口ながら基本を踏まえた素晴らしい敷衍となっているのが、サスガです。
  4. Moon Beams/ Bill Evanschoicechoice
    Evansにしか出来ない音取りに唸るばかり、ピアノ・トリオ
  5. Herbie Hancock Quartetchoicechoice
    Wynton Marsalisをフィーチュアしたトランペットのワン・ホーン
  6. Keith Jarrett at the Blue Note,The Complete Recordingschoicechoice
    オリジナルの「The Fire within」と一体化して、、、とは言いながら、ライブらしく30分にもわたる至福の時間、ピアノトリオ
  7. Velvet Soul/ Carmen McRaechoice
    Ray Brown、Joe Passらが入ったピアノクインテットに支えられてシミジミ唄うヴォーカル
  8. The Art of the Trio, Vol.1/ Brad Mehldauchoice
    人気絶頂らしいこの人の初期作品、ピアノトリオ
  9. The Man from Barcelona/ Tete Montoliuchoice
    George Mrazをフィーチュアしたことが嬉しい、ピアノトリオ
  10. New Lands/ Enrico Pieranunzichoice
    この人らしい静謐さ溢れる、ピアノトリオ(Marc Johnson/Joey Barron)
更に探求を進めたい方には、
  1. Jazz: My Romance/ Ron Carter
    Herb Ellisが良い味を出す、ドラムレスのピアノトリオ
  2. The Joy of Standards/ Joe Chindamo
    この曲にしては珍しくスィングして見せた、ピアノトリオ
  3. No Blues/ Miles Davis
    黄金クインテットのパリでのライブで、良くスィングさせている。
  4. Live at the Senator/ Brian Dickinson
    とにかく音色と音取りの美しさに撃たれるピアノトリオ
  5. The Secret Sessions: Recorded at the Village Vanguard 1966 - 1975/ Bill Evans
    ライブの一コマ、ピアノトリオ
  6. No Method/ Bill Goodwin
    ピアノトリオ
  7. Standards/ 今田勝
    ピアノ・ソロ
  8. Standards, Vol.2/ Keith Jarrett
    ピアノトリオ
  9. Don't Be Shy/ Pete Malinverni
    Malinverniらしく、抑制を効かせたピアノトリオ
  10. Guido Manusardi Jazz Trios
    ピアノトリオ
  11. Sweet Marta/ Luigi Martinale
    ワルツ処理が際立つ、ピアノトリオ
  12. Nature Boy/ Jackie McLean
    文句の付けようが無い、簡にして要を得たアルトのワン・ホーン
  13. When I Fall in Love/ Brad Mehldau
    出世以前のバルセロナ録音、ピアノ・トリオ
  14. Recordando A Line (or Body and Soul)/ Tete Montoliu
    ピアノトリオ
  15. Midnight Creeeper/ Norman Simmons
    唄伴で鳴らしただけあって、実にうまい、ピアノトリオ
  16. I Love Paris/ Jacky Terasson
    慈しむように奏でる、ピアノトリオ(ただし、ベースのみのドラムレス・デュオかも)
  17. As Long as There's Music/ Denny Zeitlin
    Zeitlin臭さは抑えた、中庸なピアノトリオ
(Home - Title Navigator / BACK)