(Home - Title Navigator / BACK)

「I Didn't Know What Time It Was」が聴ける盤

choiceはNelsonのお勧めです
作曲: Richard Rogers
  1. Groovin' with Golson/ Benny Golsonchoice
    2管クインテット
  2. Live at Sugar Hill/ Carmen McRaechoicechoice
    ヴァンプからの入りでもう聴衆を掴み切って、締めは洒脱なスキャットで決める、貫録のヴォーカル
  3. The Art of the Trio, Vol.1/ Brad Mehldauchoicechoicechoice
    これがピアノトリオによる、現時点での解釈の典型でしょうか
  4. Charlie Parker with Strings, Complete Master Takeschoice
    紐付きなんで落ち着いたテンポで、、、まぁ、聴かせますねぇ
  5. Sits in with the Oscar Peterson Trio/ Sonny Stittchoice
    ワンホーン盤の、いわゆる未発表追加ボーナス・トラックながら、3分強の珠玉の小品
  6. The Jazz Giants/ Lester Youngchoicechoice
    何とも素晴らしい「大人」の雰囲気が楽しめる10分間、御大レスターが2回もソロを取るのが嬉しい3管セクステット
更に探求を進めたい方には、
  1. Eddie Costa Quintet
    才人らしくヴァイブとピアノを(当時はまだ珍しかった多重録音で)聴かせる変則クインテット
  2. Song for Distingue Lovers/ Billy Holiday
    こねまわさずに素直に歌っていて良い
  3. Domino/ Roland Kirk
    LPには無かった(?)フルート曲
  4. Black Coffee/ Peggy Lee
    中規模のコンボをバックにした女性ヴォーカル
  5. Setting the Standard/ Dave Liebman
    ソプラノ・サックス・カルテット
  6. Charade/ Jan Lundgren
    ピアノトリオ
  7. My Favorite Things/ Adam Makowicz
    ピアノトリオ
  8. Ballads/ Renata Mauro
    女性ヴォーカル
  9. When I Fall in Love/ Brad Mehldau
    ピアノトリオ
  10. It's about Time/ Joe Morello
    この速さはないだろうよ、と言いたくなるハイ・テンポのアルト・ヴァイブ・クインテット
  11. Communication/ Steve Nelson
    ヴァイブ・カルテット
  12. Bird at St. Nick's/ Charlie Parker
    バードの吹く部分だけが残っている、ちょっと特殊なトラック
  13. In Person/ Bobby Timmons
    実にうまくスィンギーな展開を聴かせるピアノトリオ
  14. Caravan/ Trio Acoustic featuring Tony Lakatos
    トレーン流に徹してスィングしてみせたバラード、テナーのワンホーン
  15. Time for Tyner/ McCoy Tyner
    結構気が合うらしく共演盤が多いボビハチ・マッコイのコンビによる、ヴァイブカルテット
  16. Eastwood after Hours: Live at the Carnegie Hall/ V.A.
    Barry Harrisのピアノトリオ
  17. Crazy and Mixed up/ Sarah Vaughan
    この人らしさが横溢した女性ヴォーカル
  18. Standard Album/ Cedar Walton VIP Trio
    ピアノトリオ
  19. Misty/ Tsuyoshi Yamamoto
    出世作というか、代表作というか、根城の名前とも通じた盤、ピアノトリオ
(Home - Title Navigator / BACK)