(Home - Title Navigator / BACK)

「Here's That Rainy Day」が聴ける盤

choiceはNelsonのお勧めです
作曲: Jimmy van Heusen
  1. Sings Ballds/ Rosemary Clooneychoice
    大姐御の円熟のヴォーカル
  2. Solitude/ Wes Montgomerychoicechoice
    快調に飛ばすギター・カルテット
  3. Virtuoso/ Joe Passchoice
    正に爪弾く、静謐のギター・ソロ
  4. Winter Moon/ Art Pepperchoicechoice
    アルトの紐付きとしては群を抜く出来
  5. Live in Tronto, Vol.1/ Art Pepperchoice
    実にしみじみしてしまうアルトのワン・ホーン。10分を超えるライブトラック
  6. True Ballads/ Archie Sheppchoice
    やっぱフリーがにじみ出るテナーのワン・ホーンでのバラード。10分も楽しめます
  7. Big, Sweet n' Blue/ Norris Turneychoicechoice
    これもまた素晴らしいアルトのワン・ホーン
更に探求を進めたい方には、
  1. Ray Brown Trio Live at the Concord Jazz Festival- 1979
    Ernestine Andersonのヴォーカル
  2. Ballads and Burton/ Ann Burton
    ヴォーカル
  3. Montreux '77/ Benny Carter 4
    大偉人のアルトのワン・ホーン
  4. Live/ Paul Desmond
    アルトとギターのカルテット
  5. Paul Desmond with MJQ
    アルトとヴァイブのクインテット
  6. Getz Au Go Go/ Stan Getz
    テナーとヴァイブのピアノレス・カルテット
  7. Beach Samba/ Astrud Gilberto
    オルガンをバックにしたヴォーカル
  8. That's the Way It Is/ Milt Jackson Quintet Featuring Ray Brown
    ヴァイブのカルテット
  9. The Pete Jolly Trio and Friends (The Little Bird)
    紐付きのピアノカルテット
  10. Live at the Five Spot/ Charles McPherson
    2管クインテット盤ながら、これはアルトのワン・ホーンで、濡れた音が艶めかしい
  11. Bittersweet/ Carmen McRae
    ヴォーカル
  12. Pianism/ Michel Petrucciani
    ピアノトリオ
  13. Live at the Conneticut Jazz Party/ Bobby Timmons
    12分を超える個人ライブトラック。テナーのワン・ホーンながら、やはり聴くべきはピアノ
  14. Monday Blues/ 渡辺 香津美
    ギターソロ
(Home - Title Navigator / BACK)