(Home - Title Navigator / BACK)

THE DAYS OF WINE AND ROSESが聴ける盤

choiceはNelsonのお勧めです
作曲: Henry Mancini
  1. choicechoicechoiceAffinity/ Bill Evans
    ピアノトリオ、ハーモニカ。意外とこの演奏が好きな人が多いようです
  2. choicechoicechoiceWe Get Requests/ Oscar Peterson Trio
    ピアノトリオ。これは、まぁ、定番、極めつけといって良いでしょう
  3. choicechoiceLive from Concord to London/ Earnestine Anderson
    ヴォーカル、ピアノトリオ
  4. choicechoiceRosemary Clooney Sings Ballads
    ヴォーカル
  5. choicechoiceFrom Hello Dolly To Goodbye Charlie/ Bobby Darin
    ヴォーカル、ビッグバンド。余り推す人の居ない盤ですが、この曲をはじめ、良いヴォーカルが目白押しです
  6. choiceFriends Forever/ Niels Pedersen
    ピアノトリオ
  7. choiceMichel Petrucciani/ Michel Petrucciani
    ピアノトリオ。俗に「赤ペト」と言われるこの盤でも、この演奏は抜きん出ています
  8. choiceInception + Nights of Ballads and Blues/ McCoy Tyner
    ピアノトリオ
更に探求を進めたい方には、
  1. Because of You/ Jos van Beest
    ピアノトリオ
  2. Wood/ Brian Bromberg
    ピアノトリオ
  3. Live at Hollywood's Living Room/ Dorothy Donegan
    ピアノトリオ
  4. Turn out the Stars, Final Village vanguard Recordings, June 1980/ Bill Evans
    ピアノトリオ
  5. The Last Waltz: The Final Recordings live at the Keystone Korner September 1980/ Bill Evans
    ピアノトリオ
  6. Consecration: The Final Recordings, Part 2 live at the Keystone Korner September 1980/ Bill Evans
    ピアノトリオ、4ヴァージョン収録
  7. The Standards/ Masaru Imada
    ピアノトリオ
  8. Keith Jarrett at the Blue Note,The Complete Recordings
    ピアノトリオ
  9. Love Letters from J/ Julie London
    ヴォーカル
  10. Marian McPartland's Piano Jazz Interview with Bill Evans/ Marian McPartland
    ピアノ、解説
  11. In Concert/ Kunihiko Sugano
    ピアノトリオ
(Home - Title Navigator / BACK)