(Home - Title Navigator / BACK)

「Darn That Dream」が聴ける盤

choiceはNelsonのお勧めです
作曲: Jimmy van Heusen
  1. Undercurrent/ Bill Evans and Jim Hallchoice
    ピアノとギターのデュオ
  2. Modern Art/ Art Farmerchoice
    Evans、Golsonが入った2管クインテット
  3. Daddy Plays the Horn/ Dexter Gordonchoice
    Kenny Drewのサポートを得て、テナーのワン・ホーンで奏でたこのバラードの基本的な解釈
  4. The Red Barron Duo/ Red Mitchellchoice
    この二人の絡みが実に興味深いでデュオ
  5. No Count Sarah/ Sarah Vaughanchoice
    御大抜き(No Count )のベイシー楽団の伴奏に乗せたヴォーカル
更に探求を進めたい方には、
  1. West Coast Live/ Chet Baker and Stan Getz
    クラブに客を入れずに録ったライブらしい、2管クインテット
  2. Don Byas Quartet featuring Sir Charles Thompson
    ライブらしい熱っぽさがあるテナーのワン・ホーン
  3. Free Spirit/ Ted Brown
    Dex叔父さんの向こうを張ると言って良い、素晴らしいテナーのワン・ホーン、ドラムレスです。Hod O'Brienのピアノも光る
  4. Art Farmer and Slide Hampton in Concert
    ペットとボーンの2管クインテットながら、これだけはワン・ホーンでした。Jim McNeelyのピアノが良い
  5. Plays Standards/ Art Farmer
    ピアノレスのギタートリオを従えたトランペットのワン・ホーンで、もろFarmerの世界です
  6. Darn That Dream/ Joe Farrell and Art Pepper
    ご両人がトレーン、トレーンしていて、実に興味深い、2管クインテット
  7. One Flight up/ Dexter Gordon
    2管クインテット盤ながら、これはテナーのワン・ホーンで、しかもゆったりと聴かせる名演
  8. Yours truly/ Pete Jolly
    ピアノトリオ盤ながら、これはソロに聞こえます
  9. On the One/ Rian Kisor
    Mulgrew Millerとのトラペットとピアノのデュオで、しっかりした力を持っていることが伝わってきます
  10. The Complete Pacific Jazz Recordings of Gerry Mulligan Quartet with Chet Baker
    世に言う「ピアノレス・カルテット」の典型的な演奏
  11. Live at Donte's/ Joe Pass
    ギター・トリオ盤ですが、これはじっくりとソロで奏でています
  12. Tete- a- Tete/ Art Pepper
    アルトとピアノのデュオ、最晩年の演奏
  13. On a Rainy Afternoon/ Anthony Perkins
    Hal McKusick、Jimmy Cleveland、Jerome Richardson、Chuck Wayne等の合いの手が嬉しい、男性ヴォーカル
  14. Old Flames/ Sonny Rollins
    2管クインテット
  15. Autumn Leaves/ Trio Acoustic
    結構ベースが表に出ているし、バラードだけどスィングさせてみましたという、ピアノトリオ
  16. Wilder 'n' Wilder/ Joe Wilder
    中々出来そうで出来ない、素直に吹いて聴かせるというトランペットのワン・ホーン
(Home - Title Navigator / BACK)