(Home - Title Navigator / BACK)

Dear Old Stcokholmが聴ける盤

choiceはNelsonのお勧めです
作曲: Swedish traditional
  1. choicechoicechoiceThe Stockholm Concerts/ Stan Getz
    2管クインテット。Stan Getzにしては、結構新し目の演奏です。メンバーが良かった北欧ツアーでの一こまです。この演奏では、本人のテーマ提示が絶妙ですし、客演のチェットも素晴らしく、加えてピアノ、ベースも実に良いサポートをしていて、兎に角一度聴かれることをお薦めします
  2. choicechoicechoiceVol. 1, 2/ Miles Davis
    3管セクステット。マイルス御大としては、恐らくは最初にこの曲を採り上げた録音です。本人は勿論、J.J. Johnsonも、Jackie McLeanもこの時期でないとと聞けない熱い演奏を聴かせます。
  3. choicechoicechoice'Round about Midnight/ Miles Davis
    2管クインテット。恐らく今なら、これが決定版なのかもしれません。完成度、形式美いずれをとっても素晴らしい演奏です。
  4. choicechoicechoicePhil Talks with Quill/ Phil Woods with Gene Quill
    アルトのバトル。熱っぽいバトルの良さもあり、フレーズのそこここにのぞくペーソスありという好演です
  5. choicechoiceBass on Top/ Paul Chambers
    ピアノトリオ、ギター。ブルーノート初期の名盤の中でも白眉のこの盤における、この演奏にしびれた方は多い筈です
  6. choicechoiceThe Sound/ Stan Getz
    テナーのワンホーン。これが、この曲が世界に知られるようになったきっかけの録音です。
  7. choiceDear Old Stockholm/ John Coltrane
    テナーのワンホーン
  8. choiceThe Resurgence/ Sadik Hakim
    ピアノトリオ
  9. choiceNew York Calling/ Jan Lundgren
    ピアノトリオ。自分の国の古謡をやっているんですから、恐らく正統的解釈はこうだということでしょう。
更に探求を進めたい方には、
  1. The Asian American Jazz Trio/ Kei Akagi
    ピアノトリオ
  2. Dark Side of Dewey/ Carl Allen
    2管クインテット
  3. Rencontre/ Georges Arvanitas
    ピアノトリオ
  4. The Blue Note Years/ Sidney Bechet
    Soprano Sax
  5. Byrd In Paris/ Donald Byrd
    2管クインテット
  6. Misty Dawn/ Niels Lan Doky
    ピアノトリオ
  7. Sea Changes/ Tommy Flanagan
    ピアノトリオ
  8. The Song Is You + With European Friends/ Stan Getz
    テナーのワンホーン
  9. Yours Truly/ Pete Jolly
    ピアノトリオ
  10. Wailin' at the Vanguard/ Arthur Taylor's Wailers
    2管クインテット
  11. East Coast, West Coast/ Toots Thielmans
    ハーモニカ
  12. Dream Session, The All-stars Play Miles Davis Classics
(Home - Title Navigator / BACK)