(Home - Title Navigator / BACK)

Blue Bossaが聴ける盤

choiceはNelsonのお勧めです
作曲: Kenny Dorham
  1. choicechoicechoicePage One/ Joe Henderson
    2管クインテット。恐らくは、この盤で初めて知られるに至った機縁のある演奏で、しかも極め付けでしょう。
  2. choicechoiceLive at the Concord '79/ Ray Brown
    ピアノトリオ。ハッピーなピアノで聴きたければ、コレをどうぞ。
  3. choicechoiceBlue bossa/ McCoy Tyner
    ワンホーンカルテット。初演で付き合ったという縁があるマッコイの名演です。
  4. choiceAmong Friends/Art Pepper
    アルトのワンホーン
  5. Because of You/ Jos van Beest
    ピアノトリオ
  6. Moon and Sand/ Kenny Burrell
    ギタートリオ。しみじみギターでは、コレです。
  7. One for Frederick/ Richard Davis
    ワンホーンカルテット
  8. Biting the Apple/ Dexter Gordon
    テナーのワンホーン
  9. Quintergy/ J.J.Johnson
    2管クインテット。とてもこの年での演奏とは思えない元気さですし、しかもこの力強い演奏ですから、脱帽するしかありません。
  10. Kiss of Fire/ Harold Mabern
    ピアノトリオ
  11. Fingering/ Shelly Manne
    ピアノトリオ
  12. Ronnie Mathews Trio
    ピアノトリオ。派手さは無いが、心に沁みる深さがあります。
  13. El Gran Senor from Catalonia/ Tete Montoliu
    ピアノトリオ。熱血ピアノのこの人も、この曲がお気に入りのようです。
  14. Blue Bossa/ Tatsuya Nakamura
    ワンホーンカルテット
(Home - Title Navigator / BACK)