(Home - 365日ジャズまみれ / BACK)

June 25

  • 1961年のこの日、Bill Evansが相性が良いので、生涯を通じて数え切れないほど出演したVillage Vanguardで、自己のトリオとして行った最初のギグの一部始終が、「The Complete Live at the Village Vanguard 1961」として世に出ています。マチネーと夜のギグの全てを収録した、このコンプリート版は、当初、「Waltz for Debby」と、「Sunday at the Village Vanguard」の2枚に分けて発売されており、曲順は演奏順ではなく、制作のOrrin Keepknewsが熟考した末の配列になっていました。後に「Twofer#時期になってから、「Peace Piece and Other Pieces」と題する残りテープが公開されて、まぁ、3枚分の量の録音があるとわかりました。今では、演奏された通りに正確に編成し直した、上記の完全版が入手可能です。録音された順番に聴くも良し、良き理解者であった制作のOrrin Keepknewsによる個別盤の順番にも、捨て難い良さがあります
  • 1962年のこの日、Wes Montgomeryが西海岸のクラブ「Tsubo」で行ったギグは、内容が素晴らしい上に、評判も高くって満員の盛況下で行われたので、「Full House」と題して発売されました。一番相性が良かったJohnny GriffinとWynton Kellyを相手にしてのギグだったからでしょう、実にグルーヴィーな演奏が繰り広げられたことが記録されています


    、、、ということで、今日はこんな盤がお勧め


June
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 --


(Home - 365日ジャズまみれ / BACK)