(Home - Desert Island Piks / BACK)

Ryo's Desert Island Pick's
(「DIP's BBS」への御投稿から、コピペしました)


  1. The Art of Pepper
    モスト・フェイバリット・プレイヤ−のア−ト・ペッパ−♪ イの一番の人選です。アルバムは、少し迷ったのだが、「そよ風と私」、「ビギン・ザ・ビギン」他、佳曲揃いで◎
  2. No Room for Squares, A Blue Note Sampler Featuring 4000 Series (TOCJ-5755/56)
    93年発売の限定版だったと思うのだが、市販品ならOKとのことで。BNレ−ベルから、一枚選ぶのはすぐに決めたのだが。悩む!常套手段は、”サムシン・エルス”で決定なのだろうが。浮気性の私にぴったしのこの二枚組。 24枚のアルバムから70余名のジャズ・ミュ−ジシャンが登場!! Fabulous ウインク,(^_-)-☆
  3. The Popular/ Duke Ellington
    ここ15,6年、年明け最初に掛けるアルバムです。日の出と共に”A列車”で迎える、無人島!?(・vv・)ハニャ?
  4. Exclusively for My Friends/ Oscar Peterson (POCJ-2170/73)
    高校の頃に、初めて手にしたピ−タ−ソンのレコ−ドが、”アクション”次が ”ソロ”で、三枚目は、”ガ−ル・ト−ク”。その3枚プラス,MPSレ−ベルでの吹き込み全6枚が、4枚のCDに収まったセット物。
  5. The Complete Riverside Recordings/ Bill Evans (VDP-5084/95)
    もう一人ピアニストのを。かのヴィレッジ・ヴァンガ−ド・セッション以外もお楽しみだらけの圧巻10枚組!バッド・パウエル、ア−ト・テイタムは次選で涙を飲む。 
  6. John Coltrane Plays Ballads (VICJ-23186)
    例の「バラ−ド」ではありません。リバ−サイド、プレスティッジ、インパルスの3レ−ベル、11枚のアルバムからのピックアップ・アルバム。但し、侮ってはいけません。「ソウル・トレイン」は、作曲者タッド・ダメロンのリ−ダ−・アルバムの ”メイティング・コ−ル”からの一曲!
  7. Live around the World/ Miles Davis
    最後の最後まで、難航したアルバム。亡くなる直前の91年のラスト・レコ−ディングということで、合掌!
  8. Blue Smiles/ Terumasa Hino
    実は、マイルスのが上記のアルバムに決められたのも、この前提があればこそ。マイルスと同列に置くな、との批判もありましょうが。カリスマ性、オ−ラ的な部分では、リトル・マイルスかもしれないが。エンタ−ティンなとこは表現の違い(演奏より態度)があるかもしれないが、目指すとこはポップ・ミュ−ジックの中の「JAZZ」を演ることだったのでは。 ラストの2曲、「バイ・バイ・ブラックバ−ド」と「マイ・ファニ−・バレンタイン」は、吹き込みの前年に亡くなったマイルスへのトリビュ−ト・ナンバ−に聴こえてしまうのだが。
  9. Lady in Satin/ Billie Holiday
    中学生の時にきいた 「ビリ−・ホリデイの魂」のショッキングだったこと。 ジャケットの首吊りのイラストのおどろしいことに加えビリ−のあの声。良く聴いているのはこのアルバム♪ 失恋の度に必ずお世話に。 
  10. All alone/ Mal Waldron
    私の「埋葬行進曲」になるだろう一枚。日本だったら、お通夜の席で流して欲しいアルバム。ただし無人島のここでは、イヤフォン付けたまま棺の中に。




-- From Nelson --

(Home - Desert Island Piks / BACK)