(Home - Jazz Books / BACK)

「ブルーノート再入門」

  • 「ブルーノート再入門」「ブルーノート再入門」は、かの高名な行方均さんが編集されたもので、径書房から94年に刊行されています。標題で内容が丸判りですが、前書きには、「本書は斯界を代表するジャズ評論家、ジャズ研究家、ジャズ愛好家、ジャズ文豪、ジャズまんが家など15人によるブルーノートの小文集である」となっています。300ページ強で、定価は1900円でした。今は、この本は文庫で手に入る筈です。
    執筆陣
  • このBlue Noteレーベルにこよなき思いを寄せる執筆陣として、行方さんは、以下の方をピックアップしています。
    • 油井 正一
    • 小川 隆夫
    • 後藤 雅弘
    • 茂串 邦明
    • Michael Cascuna
    • ラズウェル 細木
    • Peter Barakan
    • 岩浪 洋三
    • 悠 雅彦
    • 中山 康樹
    • 小林 径
    • 花房 浩一
    • 寺島 靖国
    • 柴崎 研二

    Blue Noteレーベルの魔力
  • 「日本というのは、つくづく不思議な国だ」と思わされるのは、こういう本を読んだ時です。米国の、それも余りメジャーでないジャズという音楽専門の、殆ど個人的な嗜好によってアルバム制作をしてきたマイナーなBlue Noteレーベルだけを取り扱って、こういう本が出るんですから。そういうローカルな話題を取り扱った本ですが、その内容は、正に飛びっきり上質、と言っていいでしょう、それぞれの方がBlue Noteレーベルに託した思いについて、その薀蓄を傾けておられます。これは取りも直さず、Blue Noteレーベルにはそうさせずには置かない不思議な魔力があるということだ、と思います、、、それもこれだけ多くのジャズファンに。更にこの本の末尾には、実にくだけた、というか言いたい放題の座談記録まであります。元来Blue Noteが好きな人は勿論、「そうでない人はそれなりに」満足されることでしょう。

(Home - Jazz Books / BACK)