(Home - Jazz Books / BACK)

「私の好きな一枚のジャズレコード '88」

  • 「私の好きな一枚のジャズレコード '88」は、ジャズ批評社が看板のジャズ批評の62号として出したもので、88年に刊行されています。というか、この雑誌は、こういう風に特定の話題の特集で全体の過半を埋める、というやり方を摂っている雑誌なのです。この標題は、以前81年に同趣向で出して評判の良かった企画の焼き直し版で、88年度の時点で、ということでしょう。400ページ弱ですがこの特集企画自体は250ページ程度で、定価は1300円です。
    執筆陣
  • 「私の好きな一枚のジャズレコード '88」この特集の執筆陣として、編集者は124人を選定していますが、記憶に残った方は以下の通りです。
    • 安西 水丸
    • 石ノ森 章太郎
    • 石橋 エータロー
    • 犬塚 弘
    • 井野 信義
    • 内田 春菊
    • 大木 俊之助
    • 大林 宣彦
    • 加古 隆
    • 斎藤 晴彦
    • 清水 ミチ子
    • John Zohn
    • 鈴木 治彦
    • 曾根 幸明
    • 妙中 俊哉
    • 立木 義浩
    • 立花 ハジメ
    • 谷 啓
    • 団 しん也
    • ビッグ 錠
    • Peter Barakan
    • 藤岡 靖洋
    • 三上 寛
    • 坊屋 三郎
    • 水谷 良重
    • 三宅 榛名
    • 矢野 顕子

    一枚という設定
  • 別項「無人島に持っていくならコレ」と思うDesert Island Picksで、10枚持っていくというのをやりましたが、「一枚」というのはこれまた思い切りが必要である上に、思い入れがありますから、読んでいて楽しくなること請け合いです。

(Home - Jazz Books / BACK)