(Home - Jazz Books / BACK)

「モダンジャズ決定盤」

  • 「モダンジャズ決定盤」は、音楽の友社が刊行するOn Booksの中の一冊として、70年代に刊行された名盤ガイド本です。当時はまだ気鋭の評論家であった岡崎正通、大和明の両氏の共同執筆となっています。特に大和氏については、先輩からホットクラブの活動を聞く中で、油○サン等の後輩して裏方を良くやっておられるとか、バードの完全テイクものの編集をされたとか、色々聞いていて「なるほど、ジャズが飯よりも好きな人なんだ」と感じていましたので、親近感がありました。確か学校の先生だったかな。この本の内容は、決して物珍しいことを書いてはいませんが、常識を踏まえた上で、そこに厭味でない程度の感動の実感が感じられました。まさに、書かれた方の人間性が現れた暖かい本でした。古い本といえばそうですが、実際に読んでみて、こんな風に気持ちが良い本を、近頃は書ける人がいなくなったようです。類書としては、若干の偏りがあるにも拘らず、読んでいて不思議に心地よい粟村さんのガイド本がありましたが、今見当たりません。
    編集意図
  • この本の刊行時点でモダンジャズにはある程度の社会的な認識があり、既に何冊かの名盤ガイド本が世に出回って居ました。大手のものもありましたから、中々売りにくい状況だったと思います。従ってそこにぶち込む意義として、若手(かどうか)がジャズに打ち込んでいる熱い気概を込めて書き下ろしたことを強調していました。ほぼ百人のジャズメンについて、その特長、位置付け、代表作を新書版で1ページ程度に纏めるとともに、二人にとって思い入れのある一部の人についての、かなり直截な応援演説が面白かった記憶があります。
    収録対象
  • 一応40年代以降のモダンジャズを対象としており、トラッドやヴォーカルを割愛しています。ほぼ、百人のジャズメンを採りあげているとの記述があります。著者は、丁度、Nelsonよりは少し上かなと思われる年代のジャズファンであり、しかも両氏とも東京近辺で活動されていた上、いわゆるホット・クラブに参加したりする、相当に日本のジャズ界全体の動きにも詳しいように思えました。その頃洩れ聞いた日本におけるモダンジャズのメディアや、ファン層の動きの最先端に居た方々の動きが確認できる。
    個別記事の構成
  • 多くの記事は、代表的な盤一枚のジャケット、バイオ情報、人となり及び代表作の紹介という構成となっている。記述自体は、正統的で、正確であるが、一部に「我慢できずに筆が走った」と思われる熱狂的なファンとしての応援歌が書き込まれている。実は、それがこの本の面白いところだ、と言える。それまでの同種の本は粋がってか、できるかぎり研究的であろうと努めており、生身の人間の声が聞こえてこなかったので、いっそ新鮮であったということでしょう。

(Home - Jazz Books / BACK)