(Home - ・ス・ナ・・10・・ / BACK)

ジャズフェスティヴァル:Montreux

ジャズファンなら誰しも、ビルエヴァンスのお城のジャケットを知っている筈で、そのお城はシノン城とかいうらしく、ジャズ祭で有名なモントルーのシンボルです。スイスの避暑地の湖畔で、もう長く音楽祭を夏にやることで人寄せに成功してきました。現在は、ジャズというよりも、ロックの方が有名か。ここはライヴ録音の発売にも力を入れていて、数々の名盤が生まれる中で、このHPには以下のものが収録されています。
  1. 1968: At the Montreux Jazz Festival/ Bill Evans
    このジャズ祭の代表的なライヴ盤で、エディゴメスが大評判となった
  2. 1972: I, Eye, Aye/ Roland Kirk
    この熱演振りも素晴らしいが、それを偏見なく受け容れて喝采する聴衆が、米国から欧州へと移住する多くのジャズメンが出る一つの理由か
  3. 1973: Live at Montreux/ Marlena Shaw
    ピアノトリオをバックに快調に歌いまくる彼女に、観客も圧倒されているようだ。
  4. 1976: Live at the Montreux Festival/ Monty Alexander
    この人の乗りまくった熱演は正に夏のジャズ祭に格好の出し物
  5. 1977: Benny Carter 4 in Montreux '77
    パブロレーベルを主催するノーマングランツ好みの快調な演奏が展開される。ここでのライヴでも屈指の好演盤
  6. 1977: Milt Jackson and Ray Brown Jam at Montreux 77
    一時期最高に人気があった大御所二人による双頭バンドの好演ライヴ
  7. 1990: Gonzalo Ruabalcaba Trio at Montreux
    このキューバ出身のピアニストが世界の桧舞台に登場した盤
(Home - ・ス・ナ・・10・・ / BACK)