(Home - ・ス・ナ・・10・・ / BACK)

1957年はどういう時期だったか

ハードバップ全盛の50年後半におけるジャズの傑作をリストした。
  1. Ray Bryant Trio
    4月録音。Golden Earrings, Django等々、初期のRay Bryantの良さが前面に押し出された名盤。この時期は余り強弱を付けずに、シンコペーションも目立たず、コロコロといった感じで実に綺麗にアドリブをする。その後は、結構ブギや、リズム・エンド・ブルース系の躍動感を押し出すようになる。ベースにlke Isaacsがいることに気付きましたか。
  2. Groovy/ Red Garland
    5/8月録音。Nelsonは左利きであり、このジャケットの間違った綴りは妙に記憶に残った。子供の頃に、こういう鏡文字を書いてよく怒られたから、、、この人の代表作で、57年とは思えぬ締まった良いベースの音が聴けるし、無論本人のピアノも持ち味を出しきった絶好調期のもの。
  3. Alto Madness/ Jackie McLean
    この盤のコメントにも書いた思い出深い盤。モノラル音源であり、フレーズの似たこの二人を音色で見分けられるか否か、で友達と話が盛り上がった。アルトのバトルが、テナーのバトルと一味違って切ないことを知った盤。
  4. Bass on Top/ Paul Chambers
    7月録音。得意のピチカートの手癖フレーズが堪能できる。YESTERDAYS、YOU'D BE SO NICE TO COME H0ME TO、DEAR OLD STOCKHOLMとなじみの曲が並び、ピアノもギターも良くって、しびれる名盤です。
  5. The Complete Overseas/ Tommy Flanagan
    8月録音。これは恐らくDIWが原盤から残りテープも含めて集大成したのだろうが、Cの字を沢山並べてOverseas(Over C's)と洒落のめした盤など、何度も再発売されている名盤。誰かのバンドの楽旅で欧州に行った時に、リズムセクションだけで録音した、と聞いた。その頃のこの人のサイドメン物のコロコロした音と違って、結構締まった、カッチリした弾きぶりにリーダーとしての意気込みを感じ取った。それでも、暫くはやはりサイドメン専門で、リーダー作はここ十年くらいの録音しかない。
  6. Sonny Clark Trio(BN)
    9月録音。Sonny Clarkの盤で一番最初に手に入れたかと思う。中音主体で、何とも独特のアドリブに舌を巻いた覚えがあり、RVGのリマスターCDが出たが、「朝日、、、」一曲を楽しむためにも、アナログ・オリジナル盤を手放す気にはなれない。
  7. Blue Train/ John Coltrane
    9月録音。まだ独自の境地に入り込む前の、若々しい演奏であり、良い演奏だ。このままの路線で行っていたとしても良かったのでは、なんて言うと方々からお叱りが来る筈。確かに、後の偉業を富士山とすれば、これは精々宝永山程度のことかもしれない。
  8. Candy/ Lee Morgan
    11月録音。二十歳前にこういう演奏をするかねぇ、と聞くたびに呆れる早熟さ。トランペットのワンホーン盤として、最高の出来になっている。
  9. A Night at the Village Vanguard/ Sonny Rollins
    11月録音。これも最初にジャズ喫茶で聞いて打ちのめされた名盤。その頃はピアノレスのバンドが成立するなんてことも知らなかった程度だったので面食らったが、聞いてみればジャズそのものであり、テナー一本で吹きまくるこの人に圧倒された。また、ブラシについて「凄味」と言う表現が出来ることにも気付いた。後に3枚分くらいの録音があることが判明した。
  10. Lift to the Scaffold/ Miles Davis(死刑台のエレヴェーター)
    12月録音。ヌーヴェル・ヴァーグというジャンルの映画が好んでモダンジャズを映画音楽として取り上げた時期があり、これはその嚆矢となる名盤。モノクロの緊迫する画面に、むせぶようなミュート・トランペットの音が良く似合い、その後「殺られる」、「危険な関係」等々の映画とジャズとの蜜月時代が暫く続いた。

以上の10枚の他、Al and Zoot/Al Cohn、Duets/Dizzy Gillespie、Blue Trombone/J.J.Johnson、Plenty, Pleny Soul/Milt Jackson、Warm Woods/Phil Woods、Meets Oscar Peterson/Louis Armstrong、At Mr. Kelly's/Sarah Vaughan、And His All Stars/Hank Mobleyなどもこの年の収穫である。このHPで、57年分が60枚以上あります
(Home - ・ス・ナ・・10・・ / BACK)