(Home - 何でも10枚 / BACK)

ワンホーン:トランペット

トランペットは、何と言っても楽器としていかにも華やかで、吹奏としての晴れ晴れと気持の良い点が魅力と思う。御大Miles Davisには、ワンホーンで通したアルバムが少なく、「The Musing of」盤くらいらしいが、、、
  1. Meets the Oscar Peterson Trio/ Louis Armstrong
    明るいです
  2. Memories/ Chet Baker
    晩年の作品
  3. The Warm Sounds/ Johnny Coles
    何とも率直な、温かさが出ている
  4. Quiet Kenny/ Kenny Dorham
    じっくり聴きには最適
  5. Art/ Art Farmer
    心が洗われるようで
  6. Booker Little
    やはりこの人らしさが出てる
  7. Blue's Mood/ Blue Mitchell
    素直に吹いてるなぁ
  8. Candy/ Lee Morgan
    10代でこれで、その後も凄かった
  9. Wilder 'n' Wilder/ Joe Wilder
    ちょっと渋いが
  10. Ballads for Lulu/ Louis Smith
    近年の作だが、枯れてます
(Home - 何でも10枚 / BACK)