(Home - ・ス・ナ・・10・・ / BACK)

WITH STRINGS
ジャズメンの歌曲演奏は、その歌曲の曲想を大きく膨らませたり、あるいはその演奏者の人柄が滲み出たりして絶好の聞き物です。その中でも、リズムを排除した弦楽器中心のオーケストラによる伴奏に乗せて 曲を聞かせる形式は古くから愛好されており、以下のような名盤が輩出しています。
  1. Charlie Parker with Strings, Complete Master Takes
    アルトで聴くならこれを忘れずに
  2. Winter Moon/ Art Pepper
    誰もが認めるペッパーの後期の絶品。ビルホルマン、ジミーボンド等の編曲
  3. With Strings/ Clifford Brown
    名手ニールヘフティの編曲。トランペットの紐付きならこれに止めを刺すか
  4. With Strings/ Julian Cannonball Adderley
    これでリーダー作2枚目というから早熟。ディックヘイマンの編曲。
  5. Chet Baker and Strings
    チェットがメジャーレーベルに入れたWith Stringsもの。マンデル、ペイチらの編曲です
  6. Lady in Satin/ Billy Holiday
    レイエリスの編曲に乗せて、正にしみじみと歌い上げるレディディの名盤。一関ベィ○ーで聞かせてもらって、言葉を失いました。
  7. A Day in the Life/ Wes Montgomery
    兎に角これだけ高度なことをやって、聴いて楽しいんだからスゴイ人です。ドンセベスキィ編曲か
  8. Brandenburg Gate Revisited/ Dave Brubeck
    兄の編曲による、まぁ、ブルーベックならこういう風にやるだろうという予想に違わぬ名演
  9. Comin' in the Back Door/ Wynton Kelly
    ヴァーブがこの路線を始めた頃にケリーに吹き込ませた盤。
  10. While My Lady Sleeps/ Phineas Newborn
    へぇ、こんなのも録音してるんだ、という超絶技巧ピアニストのしみじみ盤。編曲はデニスファーノン
(Home - ・ス・ナ・・10・・ / BACK)