(Home - Title Navigator / BACK)

「My Foolish Heart」が聴ける盤

choiceはNelsonのお勧めです
作曲: Victor Young
  1. So What/ Ron Carterchoicechoice
    Kenny Barron/ Ron Carterコンビによる内省的なアドリブに包まれて、至福の8分間を楽しむピアノ・トリオ
  2. Waltz for Debby/ Bill Evanschoicechoice
    衆目が一致する、至高のピアノトリオ
  3. Airegin/ Lin Hallidaychoice
    平手神酒テナーの素晴らしいバラード処理
  4. The Blue Peach/ Thierry Langchoice
    何とも癒されるピアノトリオ
  5. My Foolish Heart/ George Mrazchoicechoice
    George Mrazのピチカートが堪能できるピアノトリオ
  6. Among Friends/ Cedar Waltonchoicechoice
    ピアノトリオ盤ながら、この曲だけはBobby Hutchersonのヴァイブが加わり、12分にも及ぶ素晴らしい演奏となって、Keystone Kornerのお客さんも大盛り上がりです
更に探求を進めたい方には、
  1. A Postcard from Bill/ Frank Collett
    Evansへの敬慕を込めたピアノトリオ
  2. The Complete Live at the Village Vanguard 1961/ Bill Evans
    ピアノトリオ
  3. The Secret Sessions: Recorded at the Village Vanguard 1966 - 1975/ Bill Evans
    ピアノトリオ
  4. Turn Out the Stars, Final Village Vanguard Recordings, June 1980/ Bill Evans
    ピアノトリオ
  5. The Last Waltz: The Final Recordings live at Keystone Korner, September 1980/ Bill Evans
    ピアノトリオ
  6. Consecration: The Final Recordings, Part 2 live at the Keystone Korner September 1980/ Bill Evans
    ピアノトリオ
  7. Beach Samba/ Astrud Gilberto
    ボサノヴァのヴォーカル
  8. Drive, Passion, Unpredctable/ Dick Morgan
    ギター付きのピアノトリオ
  9. Quartet West/ Charlie Haden
    Ernie Wattsによるアルトのワンホーン
  10. Cornerstone/ Antoine Herve
    ピアノトリオ。何とも甘美な音にはハマリます
  11. So in Love/ Rich Perry
    テナーのワンホーン
  12. Oscar Peterson Meets Roy Hargrove and Ralph Moore
    2管クインテット
  13. Love You Madly/ Carol Sloane
    Kenny Barronトリオが伴奏をするヴォーカル
  14. Just in Case You Forgot Haw Bad He Was/ Sonny Stitt
    バラード・メドレー中の一曲なので、これはBobby Hutchersonのヴァイブとピアノトリオの演奏
  15. More Double Bass/ Navil Totah
    アルコ・ベースがリードするピアノトリオ
(Home - Title Navigator / BACK)