(Home - Title Navigator / BACK)

BESAME MUCHOが聴ける盤

choiceはNelsonのお勧めです
作曲: Consuelo Velazquez
  1. The Art Pepper Quartetchoicechoice
    アルトのワンホーン。兎に角、この演奏を聴いていないとこの曲では話になりません。短いんですが、凝縮された、綺麗で、かつ奔放なジャズのアドリブに魅力に満ち溢れた名演です。ドラムスのリズムパターンも定番の演出です
  2. Pike's Peak/ Dave Pikechoice
    ヴァイブとピアノトリオ。これも有名な演奏で、Dave Pikeのヴァイブと、Bill Evansのピアノのいずれをとっても聴き所一杯です
  3. The Blessing/ Gonzalo Rubalcabachoicechoice
    ピアノトリオ。ラテンの本場、、キューバの血がなせる技か、しっとりと聴かせてくれます。
  4. Barney/ Barney Wilenchoice
    2管クインテット。ハードバップをパリでやる、という状況での、熱い演奏です
  5. Interplay/ Cal Collins
    ギタートリオ
  6. Art Pepper with Duke Jordan in Copenhagen 1981
    アルトのワンホーン
  7. Among Friends/ Art Pepper
    アルトのワンホーン。この曲のArt Pepperによる再演の中では、出色の出来です
  8. Solo Live/ Michel Petruccianichoice
    ピアノソロ。ペトさんもこの曲を結構やっており、これと下記が録音として残っています
  9. Concerts Inedits/ Michel Petrucciani
    ピアノソロ
  10. Johnny Hammond Cooks with Gator Tail/ Johnny Hammond Smith
    オルガン・カルテット。オルガンジャズで聞くこの曲も乙なものです
  11. La Note Bleue/ Barney Wilenchoice
    テナーのワンホーン
  12. El noche de Espana/ Claude Williamson
    ピアノトリオ。
  13. The 100 Gold Fingers
(Home - Title Navigator / BACK)