(Home - Title Navigator / BACK)

Beautiful Loveが聴ける盤

choiceはお勧めです
作曲: Victor Young
  1. choicechoicechoiceExplorations/ Bill Evans
    ピアノトリオ。恐らく最初に聴いて印象に残ったのはこの演奏くらいでしょうか。まぁ、定番といえば定番ですね
  2. choicechoiceParker's Mood - Live at Bravas Club '85/ Sadao Watanabe
    アルトとピアノトリオ。ナベサダの本線ものでも、出色の出来と思います
  3. choicechoiceThis Time/ Pete Malinverni
    ピアノトリオ。実に綺麗なピアノです
  4. choicechoiceBrian Dickinson
    ピアノトリオ。コレも同様です
  5. choiceMatador+Inta Somethin'/ Kenny Dorham
    2管クインテット。ハードバップでやると、こういうことになります。
  6. choiceLive at the Vartan Jazz/ Stefan Karlsson
    ピアノトリオ。これは、サイドメンがエヴァンスの人ばかりで、まぁ、その延長上にあります
  7. choiceThe Complete Helen Merrill on Mercury
    ヴォーカル。このカスレ声が、何ともいえません。
  8. choiceConcerts Inedits/ Michel Petrucciani
    ピアノトリオ。ペトさんのヴァージョンも捨てがたいのです
  9. choiceNew York Reunion/ McCoy Tyner
    テナーとピアノトリオ。マッコイも採り上げています。
更に探求を進めたい方には、
  1. Pacific Standard Time/ Alan Broadbent
    ピアノトリオ
  2. The Secret Sessions: Recorded at the Village Vanguard 1966 - 1975/ Bill Evans
    ピアノトリオ
  3. Cry Me a River/ John Hicks
    ピアノトリオ。シットリ路線も開拓し始めたこの人の良さがわかります。
  4. Bewitched/ Eddie Higgins
    ピアノトリオ
  5. Don't Be Shy/ Pete Malinverni
    ピアノトリオ
  6. Spring Is here/ Makoto Ozone
    ピアノトリオ
  7. Paris Moods/ Barney Wilen
    テナーのワンホーン。かっての無頼派も、この頃はこう言うのをよくやっています。
(Home - Title Navigator / BACK)