(Home - Title Navigator / BACK)

Angel Eyesが聴ける盤

choiceはNelsonのお勧めです
作曲: Matt Dennis
  1. choicechoicechoicePlays and Sings/ Matt Denis
    極め付けヴォーカル.作曲者御本人によるヴォーカルですから、聴いていないと話しになりません。
  2. choicechoiceRay Bryant Trio
    ピアノトリオ。モダンジャズ聞き始めの頃に必ず虜になってしまう、でも噛めば噛むほど味の出る良い演奏です。
  3. choicechoiceIn Concert at the Sands with Count Basie Orchestra/ Frank Sinatra
    ヴォーカル。ヴァースから入っているだけでなく、その前振りもごく自然なオトナのヴォーカルで、更にライブなんで会場とのやり取りが嬉しい。
  4. choicechoiceFour Freshmen and Five Trombones
    楽器模写コーラス。ホノボノするヴォーカルです
  5. choiceChris in Person/ Chris Connor
    ヴォーカル。このハスキー・ヴォイスのとりこになった男性は多いと聞きます
  6. choiceThe Great and the More Great of Lorez Alexandria
    ヴォーカル
  7. choiceYoung Blood/ Elvin Jones
    2管ピアノレス
更に探求を進めたい方には、
  1. Two of a Kind/ Eric Alexander
    2管クインテット
  2. Duet/ June Christy
    ピアノとヴォーカルのデュオ
  3. Angel Eyes/ Matt Denis
    ヴォーカル。御本人の再演
  4. Evergreen/ Kenny Drew
    ピアノトリオ
  5. This is the Moment/ Kenny Dorham
    2管クインテット
  6. Milestones/ Tommy Flanagan
    ピアノトリオ
  7. The Standard/ Tommy Flanagan
    ピアノトリオ
  8. Beach Samba/ Astrud Gilberto
    ヴォーカル
  9. Bewitched/ Eddie Higgins
    ピアノトリオ
  10. Bohemia after Dark/ Eddy Louiss
    オルガン
  11. Possum Passage/ Johnny Lyttle
    ヴァイブのセクステット
  12. Rah/ Mark Murphy
    ヴォーカル
  13. Hush/ Duke Pearson
    2管クインテット
  14. Playing for Change/ Jack Sheldon
    2管クインテット
  15. Angel Wings with Art Pepper/ Jack Sheldon
    2管クインテット
  16. As Time Goes By/ Carol Sloane
    ヴォーカル
  17. The Good Life/ Sonny Stitt
    テナーのワンホーン
  18. The Last Stitt Session/ Sonny Stitt
    テナーのワンホーン、2管クインテット
  19. Black Orpheus/ Isao Suzuki
    ピアノトリオ
  20. Funk'n Fun/ Bill Watrous
    2管クインテット
  21. Misty/ Tsuyoshi Yamamoto
    ピアノトリオ
(Home - Title Navigator / BACK)