(Home - Title Navigator / BACK)

All Bluesが聴ける盤

choiceはNelsonのお勧めです
作曲: Miles Davis
  1. Kind of Blue/ Miles Davischoicechoicechoice
    3管セクステット。コレがこの曲の最初の録音として、注目されて以来、この曲はスタンダード化しました。
  2. The Complete Concert 1964, My Funny Valentine + Four and More/ Miles Davischoicechoice
    2管クインテット。当然コレも聞いていないと話になりません。
  3. KJLH/ Hank Joneschoicechoice
    ピアノトリオ
  4. Dark Beauty/ Kenny Drewchoice
    ピアノトリオ
  5. Photograph/ 木住野 佳子choice
    ピアノトリオ
  6. Concerts Inedits/ Michel Ptruccianichoice
    ピアノ・ベースのデュオ。ペトさんのやり方で演奏していますが、コレがまた良いんです。
更に探求を進めたい方には、
  1. Dark Side of Dewey/ Caal Allen
    2管クインテット
  2. Round about Midnight/ George Arvanitas
    ピアノトリオ
  3. Wood/ Brian Bromberg
    ピアノトリオ
  4. All Blues/ Oscar Brown Jr.
    ヴォーカル
  5. All Blues/ Ray Bryant
    ピアノトリオ
  6. In Stockholm 1960 Complete, with John Clotrane and Sonny Stitt/ Miles Davis
    2管クインテット
  7. The Complete Live At The Plugged Nickel 1965/ Miles Davis
    2管編成
  8. Lover, Come back to Me/ Roland Hanna
    ピアノトリオ
  9. Spanish Treasure/ Tete Montoliu
    ピアノトリオ
  10. Do not Leave Me/ Toots Thielmans
    ハーモニカ
  11. Horn of Plenty/ Warren Vache
    セクステット
  12. La Note Bleue/ Barney Wilen
    テナーカルテット
  13. A Tribute to Miles (Miles Davis)
    Various Artists
  14. Dream Session, The All-stars Play Miles Davis Classics
    Various Artists
(Home - Title Navigator / BACK)