(Home - 365日ジャズまみれ / BACK)

January 07

  • 1957年のこの日、Milt 'Bags' Jacksonが、専属していたアトランティックに「Plenty, Plenty Soul」盤を吹き込んでいます。これは、ハードバップ初期の傑作で、まだ当時は新人でしかなかったJulian 'Cannonball' Adderleyも参加しています。大編成に近いバンドでの演奏で、全員が標題どおりに「ソウルで一杯」そのもののノリを聴かせており、必聴盤ですゾ。
  • 1958年のこの日、Toots Thielmansが、専属していたアトランティックに「Man Bites Harmonica」盤を吹き込んでいます。これは、この人がベルギーから渡米してきて間もない時期の録音ですし、また標題にしていることからもわかるように、モダンジャズをハーモニカでやるのがまだ珍しかった頃でもあります。


    、、、ということで、今日はこんな盤がお勧め


January
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31


(Home - 365日ジャズまみれ / BACK)