(Home - Desert Island Piks / BACK)

「歌う太鼓」さんのDesert Island Pick's
(頂いたメールから、コピペしました)


  1. Saxophon Colossus/ Sonny Rollins
    恥ずかしげも無くサキコロを選びます。ある程度の上級者だと選ぶのに躊躇と言うか、敬遠しちゃうんじゃないでしょうか?初心者はこの辺が楽です。先ずJazzとして良し。沢山のことが詰まってる(と言う知識に躍らされてる面もあるのかもしれませんが)ので、長〜く聴いててもイロイロ発見がありそうじゃないですか。St.Thomasのリズムも南国っぽくって無人島にあってますよね?
  2. Sonny Clark Trio/ Sonny Clark (Blue Note版)
    水平線を真っ赤に染めるご来光。朝の目覚めに、Softly As In A Morning Sunriseはベタの極みでしょうか?
  3. Dippin'/ Hank Mobley
    無人島の生活では毎日が重労働。The Dipの軽快なリズムに乗ってやっつけましょう!
  4. A Blowing Session/ Johnny Griffin
    ストレスが溜まったら、スリーテナーの豪快なブローで吹き飛ばしましょう!鳥が驚いて逃げるところを網で捕まえるのも良いかもしれません。
  5. Bossa Antigua/ Paul Desmond
     昼寝をしながら心癒されるのも良し。しかもボサノバ。椰子の木陰が似合うアルバムです。
  6. Afro-Cuban/ Kenny Dorham
     星が出たら焚き火をして、バナナで作ったドブロクをしたたか飲んで踊れます。
  7. Maiden Voyage/ Herbie Hancock
     何か新しいことをする時や決断をする時(例えば行ったことのない入り江の難破船を探検したり)に聞きます。自分独りで何かを決心するのって大変なんです。
  8. A Love Supreme/ John Coltrane
     時には神様(?)大いなる存在を感じなきゃ、心細くてやってられませんよね。
  9. Death And The Flower/ Keith Jarrett
     本当に煮詰まった時に...。(う〜む、怖い結論にならなきゃ良いんですけど)
  10. Mahavishnu Orchestra/ Bird Of Fire
     これは反則でしょうか?Jazzと言うより思いっきりFusionですけどロック少年だった私には熱いギターのいななきも欲しい所です。一応、Jazzコーナーに置いてますけどこれがOKならJeff BeckもJazzか?って議論も...。




-- From Nelson --

(Home - Desert Island Piks / BACK)