(Home - Desert Island Piks / BACK)

チャーリーさんのDesert Island Pick's
(御投稿を「DIP's BBS」から転載)


  1. At the Five Spot, Vol 2/ Eric Dolphy
  2. Memorial Album/ Eric Dolphy and Booker Little
    (ピアノの調律が少し狂っていますが、1の2曲目のイントロなどを聴くと、ひょっとしたらワザとそうしたのかも、と勝手に想像を膨らませています。2の2曲目では、ドルフィーがソロの途中に珍しく雄叫びをあげています。両盤ともR.デイヴィスが凄まじいまでのビッグ・トーンを聴かせてくれます)

  3. At Antibes/ Charles Mingus
  4. Revenge!/ Charles Mingus
    (2枚ともドルフィーを擁した時期のライヴ盤。3の4曲目では、この1曲だけに加わったB.パウエルのピアノに、T.カーソンが元気いっぱいのソロをぶつけます。後半の、B.アーヴィンをも巻き込んだホーン3人のスリリングな展開も聴きものです。4ですが、この頃になるとドルフィーはほとんどミンガスの懐刀状態、1曲目では彼のアルトが最後の最後にぎらりと光ります。ミンガスはドラムスのD.リッチモンドと組んだ盤すべてがいいです)

  5. Unity/ L. Young
    (とにかく全員で攻め込んできます。全曲好きですが、W.ショウのオリジナルの4曲目が美しくていいかな)

  6. Selflessness/ J. Coltrane
    (R.ヘインズ!J.ギャリソン!バラードもいいですが、やはり定番の1曲目が凄いです)

  7. Ugetsu/ A. Blakey
    (メッセンジャーズのライヴで、特に2曲目が好きです。C.ウォルトン作の浮遊感漂う理知的なモード曲で、ブレイキーとR.ワークマンが熱く煽り、盛り上げます。ラストのC.フラーがとぼけていて好きです)

  8. Solo Monk/ T. Monk
    (モンクの他のソロに比べ非常に聴きやすいと思います。彼特有のあの重みがこの盤では薄れ、そのぶん煌めきにも似た軽やかさがこのレコードでは聴かれます。5曲目が特に素晴らしいと思います)

  9. People Time/ S. Getz with K. Barron
  10. Night and the City/ C. Haden with K. Barron
    (9、10共に90年代のライヴであり、編成はデュオ、そしてどちらにもバロンが参加しています。9は1曲目が特に好きで、この曲が流れ始めるとついつい嬉しくなってゲッツと一緒に歌ってしまいます。10ですが、バロンはもちろん、へイデンのベースが素敵で、ゆったりとした深い演奏が続きます。へイデンのオリジナルであり愛奏曲でもある6曲目が特に好きです。何かと共通点が多いこれら2枚、前者をメロディーの、そして後者をハーモニーの1枚として、是非セットで島に持っていきたいです)

  11. 実はもう1枚はずせないものがあるのですが、そちらのほうは内緒でこっそりと持っていきます。



-- From Nelson --

(Home - Desert Island Piks / BACK)