(Home - Those Groovy Cats - Clifford Jordan / BACK)

Cliff Jordan


  1. 名だたるTenor Sax奏者の輩出するChicagoでも、古くからのヴェテランでありながら、何時も前進、模索を忘れないCliff Jordanについてのセクションです。
  2. 若干粘りすぎか、とも思えるがしっかりしたストーリィ性のあるアドリブでじっくりと唄うので、何日かに一回は無性に聴きたくなる人です。
  3. また自作曲に非常な特徴があり、「奇妙なブルース」とでも言うのか、ブルースに根ざしてはいるが、決まりきった技は使わない。一聴それと分かる奇妙な音選びで、手垢に汚れない新味を感じずにはいられない魅力に満ちている。(例えば、Eyewitness Blues、名曲Vienna、Precipice等々)

Cliff Jordanに関することども
  1. 人とその周辺
  2. ディスコグラフィー
  3. Cliff JordanのTop 5
  4. Cliff Jordanの好演盤(演奏者navigatorから再掲)
  5. Tenor Saxとしての特徴
(Home - Those Groovy Cats - Clifford Jordan / BACK)