(Home - Nelson's Database / BACK)
The Complete 1961 Village Vanguard Recordings/ John Coltrane
The Complete 1961 Village Vanguard Recordings/ John Coltrane

Impulse IMPD4-232
Disc One:
1 India
2 Chasin' the Trane
3 Impressions
4 Spiritual
5 Miles' Mode
6 Naima
Disc Two
1 Brasilia
2 Chasin' Another Trane
3 India
4 Spiritual
5 Softly as in a Morning Sunrise
Disc Three
1 Chasin' the Trane
2 Greensleeves
3 Impressions
4 Spiritual
5 Naima
6 Impressions
Disc Four
1 India
2 Greensleeves
3 Miles' Mode
4 India
5 Spiritual

John Coltrane ts, ss
Eric Dolphy as, bc, fl
McCoy Tyner p
Jimmy Garrison, Reggie Workman b
Elvin Jones, Roy Haynes ds
Ahmed Abdul Marik oud
Gavin Bushell oboe
Recorded live at the Village Vanguard on Nov 1/ 2/ 3/ 5 1961
当初は一枚物で「Coltrane live at the Village Vanguard」として出て、その後パラパラと追加発売された「Impressions」、「The Other Village Vanguard Tapes」、「Trane's Mode」の合計4枚の総括として、録音順に整理し直しての再発です。一時代を画する空前絶後のライブ録音ですので、誰もが手持ちと幾らかのダブリを持っていたにしても、完全版としての再発は真に有意義でした。これ以前にも、断簡零墨の類いまで色々と出ていたので、更に未発売録音があるとは知らなかったんですが、考えてみれば数日間に及ぶギグならば、これくらいはある筈でしょう。Nelsonに限ってのことでもないと思いますが、John Coltraneで困るのは、これを取出すと結局日がな一日これを聴くことになってしまう(^^;ことです。いわゆる「後引き豆」と言うやつで、まことに始末に悪い(^o^)。息子が言うには、「これは,知識人なら等しく座右に置くべき作品」らしいです。Eric Dolphyの参加が良いといわれますが、なに、「全員が良い。」と言うべきでしょう。「John Coltrane特有の体臭が嫌いだ。」と言う人が時に居られますが、これだけはNelsonが自信を以ってお薦めしたいと思う4枚組です。「どうして、4日の夜のテープは吐き出さないんだョ。」と、よく話に出ます。Bob Thieleが、「土曜日の夜は客席がウルサイいんで、録音したって使い物にならないテープしか出来ないから、、、」と考えて、4日の夜は録音しないと前以て決めてたらしいというのが、もっぱらの噂です。ちょっと調べてみると、Turn out the Stars, Final Village Vanguard Recordings, June 1980/ Bill Evansも、土曜日が中抜きになっていますから、多分そうなんでしょう。
(Home - Nelson's Database / BACK)