(Home - Nelson's Database / BACK)

Midnight Sun/ Carol Sloane
Midnight Sun/ Carol Sloane
Lobster LFA3045
1 I'm Glad There Is You
2 They Can't Take That Away from Me
3 'S Wonderful
4 But Not for Me
5 Honeysuckle Rose
6 Spring is Here
7 Our Love Is Here to Stay
8 Just in Time
9 Midnight Sun
10 It's All Right with Me
11 Lover Man
12 Teach Me Tonight
13 You'd Be so Nice to Come home to
14 When I Fall in Love/Body and Soul

Carol Sloane v
Rolland Hanna, Ken'ichi Yoshida p
George Mraz b
Recorded in 1977/83, Tokyo
Spring is hereとSummertimeという海老原さんのロブスター(海老)というレーベルに入れた2枚を纏めた盤。海老原さんは、音にもうるさいことで知られたジャズプレイヤーで、自分でダイレクトカッティングの盤を制作・発売していた。ここでも、ムラージュのベースが実に巧く録れている。Spring is hereは、LPが擦り切れるほど聞いたダイレクトカッティングの名盤で、じっくりと歌い込むこの人に小生が惚れ込む端緒となった。5の自由闊達な展開も素晴らしく、最後に当時の恋人のジミィの名を織り込んで、「ジミィを頂戴」と歌うところなども有名になりました。少しその部分にこだわると、歌詞カードではJimmy Roseとなっていて、解説でもそういう名前としています。しかし、その時期にCarolがJimmy Rowlesと恋仲であったことを考えると、「ジミーというバラ」と解したほうが良いのか、あるいはそのまま「Jimmy Rowles」と歌ったのかと思います。(歌の中でのRoseとRowlesとは聴き分け難いこともあります。)つまらんことですが、こういうことをああでもない、こうでもないというのもジャズの楽しみです