(Home - Nelson's Database / BACK)
Benny Golson and the Philadelphians + In Paris
IN PARIS/BENNY GOLSON
Benny Golson and the Philadelphians + In Paris

良い感じの盤 基本蒐集盤

DISC SWING CDSW8418
1 STABLEMATES
2 BLUES ON MY MIND
3 YOU'RE NOT THE KIND
4 AFTERNOON IN PARIS
5 CALGARY
6 THURSDAY'S THEME
7 BLUES MARCH
8 I REMEMBER CLIFFORD
9 MOANIN'
10 NOT SERIOUS
11 STABLEMATES

(1 - 6)
Benny Golson ts
Lee Morgan tp
Ray Bryant p
Percy Heath, Pierre Michelot b
Philly Joe Jones ds
Recorded in New York, in Nov 1958
(7 - 11)
Benny Golson ts
Roger Guerin tp
Bobby Timmons p
Pierre Michelot b
Christian Garros ds
Recorded in Paris, in Dec 1958
昔、アナログ盤(下)で「お馬のフィラデルフィアン」という愛称を日本のジャズファンが付けた位に、大いに人気がある盤です。Benny Golsonがリーダー格で、Lee Morgan、Ray Bryant、Percy HeathそしてPhilly Joe Jonesと、同郷のジャズメンだけで録音しちゃうという企画の良さに止まらず、その演奏内容がそれに輪をかけて素晴らしい・・・ということで、Nelsonも大事にしている名盤。CDを再生する機器が何とか揃った当時に、これのCD版も探すも国内盤CDは未だなく、やっとフランスものの復刻CDを見付けましたが、余計な(^o^)オマケのトラック付きです。今は当然、オリジナルのジャケットでも出ている筈で、やはりこの盤はお馬さんがいる元ジャケの方が気が利いています。学生時代の友達が、「6 THURSDAY'S THEME」が好きで、そればっかりをジャズ喫茶(北白川メルヘンはまだあるんでしょうか?)でリクエストしてました。確かにこれは良い演奏で、Lee Morganのミュートが実に泣かせます。フランス盤CDの後半5トラックはパリ録音で、そこにBobby Timmonsがいるのが不思議です。
(Home - Nelson's Database / BACK)