(Home - 某月某日 / BACK)

2004年8月某日: ここんところ、色んな所で色んな盤を(^o^)

  • ここの所も、ショップ巡りを何回かして、良い盤をどっちゃり手に入れています。しばらくアップしていませんでしたので、順序を追ってNelsonのダボはぜ振りを御紹介します。
  • 新発売のキワモノとしては、下記辺りが収穫ですか。
    1. Elvin Jones追悼のGJT盤「Collaboration」
    2. 「Standards Trio」とは銘打っていないKeith Jarrettの2001年録音のトリオ物で「The Out- of- Towner」
    3. ごひいき板橋文夫が林栄一とやったピット・イン盤
    4. 昔のKingジャズ・シリーズのRed MitchellやMal Waldronの復刻盤

  • 中古の掘り出しものも、店頭で思わずニンマリする盤が、いくつかありました。
    1. Golden Gate Quartetのフランス製コンピ2枚組
    2. Larry Fuller」の「Easy Walker」XRCD盤
    3. Clifford Jordanで、長く探していた「Repetition」と、これは存在も知らなかった「Play What You Feel」
    4. Abbey LincolnとMax Roachのコンビによる60年代のパリ録音盤
    5. 中山英二さんの「Old Country」
    6. ここの所良い盤をドンドン出すDefinitiveによるSonny ClarkとBuddy de Francoコンビの録音の完全盤2枚組
    7. Roland Hannaの、結構評判が良かった「Jazz Portrait」という国内盤

    、、、というところです。まだ全部聴いたわけではありませんが、もう少し立ち入ったお話は以下の通りです。昔は三軒茶屋の社宅に居て漁りまくりましたが、今は茨城暮らしでままなりません。pogoさんのように足場が良くないんですが、でも、それなりにグヮンバッテいます。

(Home - 某月某日 / BACK)