(Home - 某月某日 / BACK)

2017年10月某日:鬱憤晴らしに北海道へ一人旅 (1):富良野、宗谷岬、筑別炭坑跡地、苫前三毛別ヒグマ来襲被害地、一関ベイシー、栗駒山、仙台ディスクノート・・・
  • 健康診断で「血糖値が高い。もう歳なんだから、昔通りに食ってちゃダメ・・・」等と言われて植物繊維多めの減量用の食事にしました。結構真面目にやったせいか、直ぐに3キロ減量できたものの、如何せん鬱憤が溜まります。今度のStepwgnは4WDにせず、スタッドレスを付ける気が無いので、雪が降る前に紅葉を見て置こうと、フェリーで北海道に渡りました。
  • 苫小牧に午後着だったので富良野で車中泊してから、早起きして「十勝岳の紅葉がまだ残っているんじゃないか。」、と登山口の十勝岳温泉まで行きましたが、取っ掛かりの急登路は無論のこと、登山届提出箱までが雪をかぶっています。「まだ早朝で凍結個所もありそうだから、アイゼン要か。」といった様子だったので、尻尾を巻いて退散。途中で見えた芦別岳なども雪帽子をかぶっていたけど、せめて山腹の紅葉くらいは見たかったんですけど、ソロなんで突っ込む蛮勇は無し。気分を変えて、美瑛のキレイな畑や樹木を見てから、国内でもここだけというミシュランの星が付いた「ひつじの丘」でジンギスカンを堪能しました。


    (北海道の山は、もう冬装備でないと突っ込めません。)

  • 十勝岳がそんな感じなら、大雪山も同じだからとパスして北東に進路を取り、士別からオホーツク海岸の興部(オコッペ)に出ました。これが大当たりで、その途上が例の「車の通行よりも熊の通行の方が多いんじゃないのぉ・・・」と嫌味を言われそうな山道ながら、10月上旬だったので紅葉が真っ盛り。身も心も、そして車も赤や黄に染まりそうな素晴らしいワインディング・ロードの景色を楽しみました。
  • 広いStepwgnの車内に一人寝ですから、前夜の富良野での車中泊テストでも実に快適だったせいもあり、良さ気な風呂もあるので、この日は猿払(さるふつ)道の駅に泊まりました。翌日の早暁に辺りを少し散歩したら、ここに泊まるのは2回目と気付きました。宮仕えを終えて夫婦と駄犬で、この地を踏んだ10年ほど前にもここに泊まっており、前日の夕方に街道筋で通り過ぎた蒸気機関車が展示されていた興部の道の駅にも、当時泊まった記憶があります。この海岸の散歩では更に、この大地を北海道と名付けた先達である、「松浪武四郎宿営の地」碑を見付けて、Nelson的には新発見をしました。その日はそのまま天塩に向かいサロベツ原野を見る予定で、オホーツク海岸を北上して行きました。
  • 所が、朝が未だ早かったからもあるんでしょうが、宗谷岬に登る広めの国道238号線の、20メートルくらい先の中央分離帯に大人のエゾ鹿が居て、生えている灌木の葉を食べていた顔を上げてこっちを見ました。鹿さんには鹿さんの都合があるようで、とっさにその鹿さんは中央分離帯から路側帯に逃げようとする動きを見せて、(多分)車窓から1米くらいの距離まで迫ります。「ヤバイっ、これは、ぶつかるゾ。クソっ、板金塗装に2、30万は掛かるかもなぁ・・・」と瞬間的に覚悟してハンドルがぶれないようにギュッと握り直しました。しかし、幸運なことと言って良いんでしょうが、件の鹿さんはすんでの所で横断を思い止まってくれて・・・無事に宗谷岬駐車場に着いたNelsonは、ホッと溜息を付きました。

  • シャケの引っ掛け釣りで賑わうオホーツク海岸。一尾上げれば数千円だとか)

    朝もやが晴れて来て、眼前に樺太の島影が見える中、自動二輪の若い衆と言葉を交わしました。その時、早暁のオホーツク海岸に、丸でお祭りでもあるかのごとく、人々が釣竿を持って出ているのを見かけたことを思い出しました。目撃したその光景を伝えて、「あの人出は、ヒョットしてシャケですかね?」と聞くと「そうだ。」と言う答が返ってきました。「川に遡上したのや、定置網の近傍等は禁漁扱いだけど、海岸に回遊してくるのを引っ掛け針で獲るのは自由なんだよ。」と丁寧に教えてくれました。結局、宗谷岬を越えて天塩に着くまでの、夜明けの薄闇のオホーツク及び日本海海岸に、そういうルアーを使ったシャケ釣りの人達の姿が途切れることはありませんでした。
  • 今回の北海道一人旅で、特に安全性を確認しておくべきなのが、筑別及び苫前地区でのヒグマの出没状況です。炭坑跡(シミタツの名作「背いて故郷」に登場)も、ヒグマ被害(吉村昭の「羆嵐」のテーマ)の現地は、山間部の真っただ中で、地方道(紛らわしい表現ですが「道道」です)のドン詰まりで、辺りに人家はありません。昼間でも立ち入り車両は少なく、通過車両は元々ないことはYoutubeの動画でも明らかです。今は秋で、ヒグマたちは冬眠に向けて食えるものは何でも食って、栄養をタップリと溜め込むために、人里近くにまで出て来ており・・・例えばキノコ採りの人などが襲われる時期です。そこに実情を知らない旅行者が、一人で突っ込んで行って良いのかと、筑別の町役場に問い合わせました。すると観光課の方曰く、「今はやはり、ヒグマの目撃が多い時期である。特にお問い合わせの2か所は、人気(ひとけ)が無いからヒグマに出食わす可能性がかなりある。危険を感じたら車内に逃げ込んで、外へ出ちゃダメです。」と警告されまし。色々と思案した末に、ココに行くのは土日とか、祝日にしようと決めました。サロベツ原野を見たのが日曜の早朝だったので、その足で突っ込んで行きました。狙いは当って、炭坑跡には廃墟マニアさんが10数人いたし、六線沢の現地は一旦は一人きりになったものの、数分後には2,3のグループがやって来たので、人影がない野良小屋でNelsonが体長3メートル余りのヒグマに噛みつかれかけている写真(orz)も撮れたし、安心して車の外を見て歩くことも出来ました。


    (辺りの物音にピリピリしながら撮ったお約束の来襲ショット

  • 一昨年は、健さんの映画「駅ステーション」のロケ地、増毛に行って、早朝だったので沖獲りシャケの水揚げ現場に丁度出食わして、船から上がるシャケを漁協のオナゴ衆が目にも止まらぬ速さで選り分ける様子を傍で見ると言う幸運に恵まれましたが、今回はその辺は素通りで、道央道有珠山SAで寝た後、早朝からニセコの神仙沼に出かけて、道内随一の紅葉を見る眼福を楽しみました。そのまま恵山岬に行って、海岸にある露天風呂、「水無海浜温泉」に入れないかと思いましたが、丁度満潮時で湯船は完全に海没していて、入浴はなりませんでした。当てが外れたまま、夕方には函館からフェリーに乗ると、青森着は深夜でした。ナビで見ると、浅虫温泉に道の駅があるようです。そこは青森市内でもあるので、普通の道の駅とは違い、駅舎が5階建てのビルな上に、最上階が展望風呂だと言うので、翌朝は朝風呂をしました。その日は祝日だったので、稼ぎ時だし休みにはしないだろうと、バクチは承知で一関「ベイシー」さんに突っ込んで行くと、ピン、ポーン・・・やっていましたね。1時間半くらい座っていて、相変わらずの美音に耳を傾けた時のセットリストは以下の通りで、コルトレーンは一枚も掛けないという、まぁ、休日版の選曲でした。
    1. Basie, One More Time/ Count Basie (Roulette YW 7832か)
      ベイシーの別名「Pen of Quincy Jones」盤に出迎えられて入店して、野口久光棚の傍に座って先ずは目を閉じてしばし・・・
    2. Now He Sings, Now He Sobs/ Chick Corea
      この人の大ファンながら、リーダー作がゴマンとあるのに、これ一枚しか持たずにひたすら聴き込んでいる人がいると言います。
    3. Miles Davis and Sonny Stitt: Live in Stockholm 1960 (Dragon/ DIW)
      Stittの方が2コも上なのに(あるいは、「だから」なのか)どうも気が合わず、Stitt自体も良さが出せていない気がしますが、それでも演奏は一級品です。
    4. Down Home/ Zoot Sims
      これが掛かった途端に、椅子の背もたれに寄りかかり直して、肩の力がスーッと抜ける寛ぎ盤です。
    5. Count Basie Jam (Pablo)
      1時間余りしか経たないのに、また御大の盤を掛けるのが休日仕様なんでしょうね。
  • 菅原さんは、そのサイドの最後の曲までには会話からそっと抜け出して、次の盤を棚から選び出すと空きターンテーブルにそっと乗せ、(多分、針先をリード溝の真上においてから)JBL SE400プリのヴォリュームに手を掛けます。前の盤の最後の溝の音を客に聴かせること無く無音にしてから、横のターンテーブルのアームを次の盤面に静かに降ろし、最初の導入溝の音を僅かに聴かせながらも、盤によっては最大音量から始まるのを的確に再生してから・・・辺りを見回して状況が落ち着いているのを確認しておいて、ジャケットをレジ近くの展示ラックにそっと置きます。その間、一言も発せず、動作に何の躊躇いも無く、すべきことを事も無げにこなす・・・ジャズ喫茶のマスターはこうあるべきだ、とでも言うべき身のこなしは、いつものことながら客を和ませます。

(Home - 某月某日 / BACK)