(Home - 某月某日 / BACK)

2013年某月某日:レコード社さんの落ち着いた佇まい

  • 神保町界隈を猟盤するのに、別用が水道橋にあったりすると、国電で一駅、お茶の水まで乗るのも何だか変です。まして、水道橋から神保町交差点までには、山道具のサカイヤ、古本屋、さらに中古レコード店がわんさか、それにサブちゃん、いもや(天ぷら、天丼、とんかつなど等々のB級グルメ等々が目白押しですから、メモリーを最新の状態に保つためにも、時々は歩き通しておかねばなりません。ある日も、その伝でポコポコと歩いていたら、自然にレコード社さんの2階に登る階段に足がかかっていました。
  • ここは、今出来のチェーン店などと異なり、恐らくは神田から水道橋辺にお勤めの方が、品物を持ちこまれるのでしょうか、何時もそれなりに品物が入れ替わっている、品動きがあるお店であり、しかも古くからの御商売のやり方を踏襲されている所です。寡聞にして、富士レコード社さんとの関係は良く知りませんが、同じ住所で同居されていたり、近頃は名前を見かけなくなっていたりしてるようです。アナログとCDが半々くらいの感じでしょうか、壁にジャケ買いの方向けの、水着美人がニッコリと笑いかけているジャケットが、買い気を誘おうとしています。一しきり、LPを見てから、CD棚に移り、この辺かと保護したのが、次のような盤でした。
    1. Fire and Love/ Jackie McLean (Somethin' Else TOCJ5590)
      後期マクリーンの演奏スタイルが良く出た盤で、この人のファンなら必携でしょうか。
    2. The First Love Song/ Harold Danko (Jazz City PCCY30042)
    3. Gumbo Nouveau/ Nicholas Payton (Verve POCJ1326)
    4. Marian McPartland's Piano Jazz with Rosemary Clooney (The Jazz Alliance TJA12003)
      Marian McPartlandが色んなジャズメンとその演奏スタイルやジャズを始めた経緯などをインタビューするシリーズ中の一枚で、ロージーおばさんとじゃれ合っている
  • 今はやりのポイント・カードなどは無いものの、落ち着いた御商売なので、時々は顔を出しています。

(Home - 某月某日 / BACK)