(Home - ・ス・ナ・・10・・ / BACK)

レーベル別名盤: Savoy

1939年創業(BNと同じ), Herman Rubinsky, New Ark, New Jersey
サヴォイも歴史のあるレーベルで、ロックもやっているが、ジャズではバップ、ハードバップ、若干フリーもと歴史を追って録音してきている。ここでは、いわゆるMG12000番台と言うジャズ分野の盤を紹介する。全リストは、databaseでご覧ください
  1. MG-12006:Telefunken Blues/ Kenny Clarke
    ケニークラークがモダンのドラム奏法を開拓した結果とも言える、サヴォイへの初リーダー盤。バグス等も付合って良い演奏になっている
  2. MG-12017:Bohemia after Dark/ Kenny Clarke
    キャノンボールが頭角をあらわす契機となった盤で、メンバーも良く、以下となっては若干古めな演奏と聞こえるが、それがまた魅力でもある
  3. MG-12036:Opus de Jazz/ Milt Jackson50年代半ばのジャズの名盤。MiltやHank Jonesの趣味の良い演奏が聞き物
  4. MG-12089:Surf Ride/ Art Pepper
    ペッパーの初リーダーセッションも入った盤で、ホーズ、クロードウィリアムソンらの演奏も嬉しい
  5. MG-12133:Nostalgia/ Fats Navarro
    恐らくは本人の最高傑作か。ハードバップ初期の名人連の演奏が堪能できる
  6. MG-12141:Bluesette/ Curtis Fuller
    サヴォイと言えばコレ、という人も多い人気盤。美しく、柔らかいゴルソンハーモニーの嚆矢だろう
  7. MG-12148:Fiery/ Red Rodney
    バップ初期から活躍の多いロドニィの傑作
  8. MG-12149:Trio and Quintet/ Duke Jordan
    中音中心のピアノの名人デュークの恐らくは最高傑作
  9. MG-12210:Jazz on the Rocks/ Don Bagley
    あまり有名ではないが、人に聞かせたら必ず番号をメモして買いに走る傑作。今なら再発が市場にある
  10. MG-12215:Two Altos/ Art Pepper and Sonny Red
    アルトの名手二人を聞き比べることもできるが、それぞれに注目しても良い盤
(Home - ・ス・ナ・・10・・ / BACK)