(Home - ・ス・ナ・・10・・ / BACK)

良い音してます

手持ち盤の中から推薦できる好録音のものです。古い物は別項で扱うこととして、ここでは70年代以降のものに限るので、まぁ、殆どがマルチマイクの微細録音傾向にある。Jim Anderson, David Baker等も良いが、神成さんも忘れるべからず。年代順
  1. Live at the Misty/ 山本剛
    By 神成芳彦, AAD, 1974。日本が世界に誇れる名手の録音
  2. Live at the Showboat/ Phil Woods
    By Keith Grant, AAD, 1976。ライブの雰囲気が良く入っている上に、パーカッションが決まる
  3. Sugar Roy/ Roy Haynes
    By Don Hahn, AAD, 1976。ちょっとリーダーの音が高レベル過ぎるかな、という以外は最高の音録り
  4. Communication-Live at Fat Tuesday's/ Tommy Flanagan
    By David Baker, AAD, 1979。フラナガンのピアノ、ドジオンのアルト、レッドのベースと個別の音も凄いが、全体の雰囲気も良く録っている
  5. Great Jazz Trio at the Village Vanguard
    By , 1977。この有名なクラブでのライブのなかでも出色の出来
  6. The Old Country/ Nat Adderley
    By Jim Anderson, DDD, 1990。ナットのコルネット、ハーリングのアルト、バーガッドのピアノ、どれも素晴らしい音です。
  7. There Was a Time/ Eddie Harris
    By Jim Anderson, DDD, 1990。現在の一方の旗頭ジムの好録音
  8. The Real Thing/ Carol Sloane
    By Scott Noll, DDD, 1990。スローンの艶のある声の他にもウッズのアルト、テイトのボーカルも自然に録れている
  9. The Moment/ Kenny Barron
    By Rudy Van Gelder, ADD, 1991。RVGがデジタル録音もマスターしたらしく、鬼に金棒です
  10. At the Blue Note,IV/ Keith Jarrett
    By Jan Erik Kongshaug, DDD,1994。ライブと言う不利な条件下で何時ものECMの音作りになっている
(Home - ・ス・ナ・・10・・ / BACK)