(Home - ・ス・ナ・・10・・ / BACK)

レーベル別名盤: Blue Note 1500番台

1939年創業、Alfred Lion, NY.
名レーベルBNの、しかも濃いのが一杯の1500番台から、10枚だけを選ぶのは元々意味が無い作業に近いが、誰が買ってもこれなら文句がこない、外れたら買い取りましょうか、という意気込みのセレクションにしてみよう。それにその時期の代表的な人も出来る限り網羅したい。Blue Note 1500番台の全リストはここにあります。
  1. BLP-1503:The Amazing Bud Powell, Vol 1
    この人のものは1500番台に4枚あるが、当然第一巻を採る。Un Poco Locoの3連発で熱くならないなら、ジャズ聴くの止めなさいって位のもの
  2. BLP-1521/1522:Art Blakey and Clifford Brown
    何度聴いても5人全員が、自己の最高のプレイをしていることに感嘆する。曲も最高の選曲で、Pee Wee Marquette及びArt Blakey自身の司会も雰囲気を盛り上げる。
  3. BLP-1544:Hank Mobley and His All Stars
    1500番台におけるBNジャムセッションの傑作。これでMobleyの他に、MiltJacksonも入れたことにする
  4. BLP-1569:Bass on Top
    この時期のベースの第一人者が放った恐らくは自己の最高傑作。Burrellも入れたことにする
  5. BLP-1577:Blue Train/ John Coltrane
    モンクバンドに移った頃のトレーンを捕えた名盤。熱気が凄い。
  6. BLP-1581:A Night at the Village Vanguard/ Sonny Rollins
    兎に角凝縮に、凝縮を重ねてトリオになったヴァンガードライヴの空恐ろしい熱演。若々しいロリンズの司会の声も嬉しい
  7. BLP-1588:Cool Struttin'/ Sonny Clark
    何のコメントも無用の名盤。クラークのアドリブが各曲2回も出てくるのが嬉しい。FarmerとMcLeanはこれで入れたことにする
  8. BLP-1590:Candy/ Lee Morgan
    これを十代で発表するなんてどんな奴だ、と言わざるを得ない完成度の高さに参る。生き急ぐ天才の例に洩れず夭逝した
  9. BLP-1593:Blues walk/Lou Donaldson
    BNならではのこの人の傑作。気持ち良い吹き方に脱帽
  10. BLP-1595:Somethin' Else/ Julian Cannonball Adderley
    枯葉に限らず、良い演奏ばかり。Cannonball名義だが、実質Milesの盤として1501,02の肩代わりもさせる
(Home - ・ス・ナ・・10・・ / BACK)