(Home - ・ス・ナ・・10・・ / BACK)

外タレ(^^; 来日時の録音:'60 - '81


外国からジャズメンが来日すると、みな相乗りしてライブギグを色々やる他に、待ってましたと寄ってたかって録音もするのが普通です。旅費が高いので、色々やって元を取るわけですが、その中にも良い演奏は一杯あります。というわけで、リストを前後半に分けて好演盤を挙げてみます。
  1. In Tokyo/Miles Davis
    1964. マイルスクインテットの勇姿を国内で見ることができ、ウーン、やっぱりライヴは速いテンポの演奏なんだと納得。
  2. Eastwards/Gary Peacock
    1970. 数年日本で禅の修業をしても、ベースの腕は鈍っていないなぁ、と感心。
  3. Teddy meets Eiji/Teddy Wilson
    1970. やっぱりこういうジャズは楽しいよ、と堪能。
  4. The divine Miss V live in Japan/Sarah Vaughan
    1973. 兎に角巧いし、楽しませる。
  5. Alone Live at the Dug/Carmen McRae
    1973. 全くのマイペースでたっぷり聞かせる。
  6. When You Wish upon a Star/Roland Hanna
    1975. 実に、何とも端正なピアノに感服。
  7. Alone Together/George Mraz
    1977. 二人による美の探求の深さに参る。
  8. Duet with Dollar Brand/Archie Shepp
    1978. この辺からでしょうか、路線の転換を感じたのは。
  9. So in Love/Donald Bailey
    1979. こういうアメリカのブルースの深さは、とてもじゃないが敵わない。
  10. Tour de Force/Al Cohn
    1981. 何とも素晴らしい3本のサックスの共演、競演、饗宴。
(Home - ・ス・ナ・・10・・ / BACK)